2016
02.24

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (5-2)

Category: イベントレポ
IMG_6839aa.jpg



- ミニチュアショウで、
 わたし達サイズの食器も買ってもらったの。
- 可愛い柄のティーセットだね♪



IMG_6842aa.jpg



- 美味しい紅茶の淹れ方、習わないとダメかなー?



IMG_6847aa.jpg



- カップ、こんなにいっぱいあるよー!!
(Yeah!!(・∀・)b by縫い子)



IMG_6851aa.jpg



- ふたりとも・・・
 お皿、ポット、ティーカップ、
 食器はそろったけど、ひとつ重大な問題があるわ。



IMG_6853aa.jpg



- 今のわたし達のサロンには、
 それだけの食器を並べられるテーブルがないでしょう?



IMG_6856aa.jpg



- というわけで、これ。
 ミニチュア・テーブルの組み立てキットよ。



IMG_6859aa.jpg



- 取扱説明書もちゃんとついているわよ。
 IKEAの家具みたいなものかしら・・・?

 と思ったら、説明がフランス語だわね。
 誰が組み立てるのかしらね・・・ ふふ・・・
(えっ、私はフランス語できませんよ? by縫い子)



IMG_6864aa.jpg



- ところで、どうして今日は
 アーニャとジェルソミーナがお揃いのお洋服を着ているの?



IMG_6867aa.jpg



- ふふ・・・
 これから、日本からいらっしゃるお客様とお会いするために、
 街の中心部までお出かけするからよ。

- 日本から、3人のお友達がミラノに遊びに来てくれたんだって!
 どんな子か、会えるのが楽しみ~~♪



Lo shopping alla Miniaturitalia 2016.
La maggior parte degli oggetti in vendita era della scala 1/12
ma alcune cose erano della 1/6, la misura adatta alla Blythe.

Le tazzine, la teiera ed il piatto sono fantastici...♡
Inoltre, sono aggiunte le altre dieci (addirittura!!) tazzine
così se (eventualmente.... eh sì, chissà!?) arrivassero le nuove Blythe
avrebbero già le loro tazzine!! :-D



-----------------------------------



ミラノ・ミニチュアショウ Miniaturitalia 2016での戦利品。
お披露目その2です。

もともとこのミニチュアショウでは、
ブライスさん達が使えそうなサイズの食器と、
ミニチュアスイーツを買えればいいな~と思っていたのでした。

残念ながら、ミニチュアスイーツはどれも1/12サイズで、
どの作品も素晴らしい出来ではあったものの、
ただでさえアタマの大きい特殊な頭身のブライスさんと合わせると、
明らかなスケールの違和感が出てしまうので購入を断念。(><)

食器だけを購入しました。

お皿とティーポットとセットになっているカップは合計8個しかなかったので、
足りない分を買い足すにあたって・・・
バラ売りのカップが10個まとめ買いするとお安くなっていたもので、
いや~~、つい、まとめて買ってしまいましたよ(笑)。
トータルでティーカップ18個もある!!(・∀・)

これで、心置きなく18人までのブライスさんを
お迎えすることができます!!(←!!)

食器を買った後に、こんなにたくさんどこに並べればいいんだ?!
と思いついて、慌ててミニチュアテーブルのキットも購入。
1/12ドールハウスでは、ダイニングテーブルだと思われますが、
ブライスさんにはコーヒーテーブルくらいのサイズになってくれるんじゃないかな?

ま・・・フランス語ですけど・・・説明・・・(白目)
(web翻訳を頼りに、組み立て頑張ります・・・@_@;)
(縫い子談)

<出演ブライス>
ジェルソミーナ/ベリーヴィッキー
カロリーナ/アーバンカウガール
アーニャ/マトリョーシカメイデン


<追記>
日本からはるばる来てくださったお客様をお迎えするために、
お揃いのスーツに身を包んだジェルソミーナさんとアーニャさん。

無事に3人のブライスさん達と出会いを果たすことができまして、
ドゥオーモの屋根の上にて、プチ撮影会をしてまいりました。(*^^*)
次回はその模様をお届けします。


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment:0
2016
02.23

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (5-1)

Category: イベントレポ
IMG_6825aa.jpg



- ミニチュアショウのお土産だよ~。



IMG_6827aa.jpg



- わたし達に必要なサイズのものを買ってもらったよ。



IMG_6829aa.jpg



- ちいさいクマちゃん達。
 黒い子と、白い子。



IMG_6833aa.jpg



- 羊毛でできていて、とってもふかふかしているの。
 お顔も可愛いでしょ?



IMG_6834aa.jpg



- 手足も動くんだよ~♪
 “チャオ~♪”



IMG_6835aa.jpg



- こっちの子、ちっちゃいね~~~~!!



IMG_6837aa.jpg



- 大きい方の子とは、親子なんだって。
 どっちのクマちゃんも、可愛いね♪



Lo shopping alla fiera delle miniature, Miniaturitalia 2016.
Prima, vi presentiamo due favolosissimi orsecchiotti....!!
Come possibile creare le cose così adorabili??



--------------------------------



ようやく写真を撮ることができました、
ミラノ・ミニチュアショウ Miniaturitalia 2016 の戦利品。

このミニチュアショウの出品は、
ドールハウスの標準スケールである1/12サイズがメインということもあり、
1/6スケールのブライスさん達のための小物を
たくさん買えたわけではないのですが、
(でも、後から計算したら意外とお金使ってた・・・笑)
探していたものは買えたので、まずは満足です。(*^^*)

またまた写真が多くなってしまったので、2回に分けます。

まずは、先の記事にてざっとご紹介済み(→★)の、
羊毛フェルトのミニチュア・テディベア。
お顔もすごく可愛いうえに、
大きい方の(←といってもじゅうぶん小さい)クマも、
小さい方のクマもちゃんと手足も首も稼動するなんて(♡∀♡)

大きい方のクロクマさんは、作家の方もお気に入りだそうで、
パッケージに入れながら、
『可愛がってもらってね』 と少し名残惜しそうでした。
作り手さんの愛情を感じて、微笑ましくなりますね。
(縫い子談)


<出演ブライス>
ジェルソミーナ/ベリーヴィッキー
カロリーナ/アーバンカウガール
アーニャ/マトリョーシカメイデン




にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

Comment:0
2016
02.14

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (4-2)

Category: イベントレポ
IMG_6568aa.jpg



ちいちゃくて綺麗な雑貨が、こちゃこちゃと並んでいる様子は、
人間サイズでもとっても可愛いものですが、
それが1/12とかになったら・・・(*´д`*).....タメイキ




IMG_6569aa.jpg



ちいちゃい、ちいちゃい、かごバッグ。
細部までとても丁寧に作ってあって、胸がときめかずにはいられません。
ブライスさんが持っても、ぜったいに可愛いよー♡(*´∀`*)




IMG_6571aaa.jpg



1850年代頃のスタイルかなあ?・・・大好きです。
オーバースカートのふくらみやギャザーやドレープのバランスが絶妙。
配色もとっても洗練されています。(*><*)
ドレスの生地、これ、もしかしてシルクかも?
(右側のモスグリーンの方、アーニャさん=マトリョーシカメイデンに着せてみたい・・・)




IMG_6572aa.jpg



ブライスさんとの比較画像ドン!
例によって、こちらのドレストルソーも本当に小さいんです。
だいたい高さ15cmくらいです。
そして、お値段は1体が現行の新品ブライスさん1人分くらいします。

初めこそ、このミニチュアフェアのお値段全般、
どの作品も思っていたよりも高くて買えない・・・(><)
なんて感じてしまったのですが、
それは私がこれまでイタリアで見てきたミニチュアが
オモチャあるいはチープな土産物レベルだったせいなだけで、
このレベルの作品(ほとんど“芸術品”とよびたい・・・)になると、
むしろこの値段では安いのではないか?!と思うようになりました。

うーーむ、現金をあまり持っていかなかったのが(ある意味)悔やまれる。
・・・が、ある意味、お財布的にはよかったかもしれぬ(汗)。
なまじ自由になる現金をたくさん持って、こんなフェアに行くなんて危険すぎる(笑)。




IMG_6575aa.jpg



驚愕のミニチュア・ビスクドール。
これ・・・箱の長辺が3cmくらいなんです・・・(絶句)。

それでこの精巧さ!!!(@ @)))))
ちなみに、椅子も凄い!!

これ、ホントに欲しかった!!
お買い上げしちゃいたかった!!
嗚呼!! お財布にもっと現金さえあればっっ!!(←危険)




IMG_6573aa.jpg



だがしかし!!

こちらの作家さんのブースには、
上のお人形さんよりも、さらに小さいサイズの子達が!!

ひゃ~~~~(@ @)))))))
セーラー服とか着ちゃってるよ~~~~~(@ @)))))))
かかかか、可愛い~~~~~~ ドタリ!!(←倒れた)




IMG_6574aa.jpg



こちらは、1/12サイズのお人形さん。
とっても優しそうなお顔のばあやさんとベビー達。
(ばあやさんの後ろに写ってる箱入りの子も可愛いなあ♡)




IMG_6574bb.jpg



お人形さんは顔が命ですからね!!

ばあやさん、とっても優しそうです・・・(*´д`*)
赤ちゃんも、見るからにほっぺや手がぷにぷにしていそうです。




IMG_6577aa.jpg



チョコレートケーキとか、オレンジのパウンドケーキとか、
レモネード(?)とか・・・
欲しかったけど、ブライスさんには小さいので断念(><)




IMG_6578aa.jpg



家具屋さんですからね!
VISAカードだって、Mastercardだって使えます!!

・・・って、なんじゃこのちっちゃい家具どもはーーーーー!!

と、ひとりでノリツッコミしたくなるような、
ワクワクでなんだか泣きたくなっちゃうような、
こまっかい作りのドールハウス家具がどっちゃり!!

一番上の段、右から3番目のタンスの扉の透かし彫りとか
いったい、なんなんでしょうかね・・・?(((((( ;゚Д゚))))))




IMG_6579aa.jpg



ベビーのお洋服って、人間サイズでも可愛らしいのに、
それがお人形サイズになってるとか・・・(*´д`*)ハアハア

特にベビーソックス。
どうやって編んでいるんでしょう????(@Д@;)アワワワワ




IMG_6580aa.jpg



アップで撮ると、
ごく普通の手芸好きさんの資材入れにしか見えないけど、
もちろんどれもこれもミニチュアサイズ。

特に私をクラリとさせたのは、
中央の毛糸玉(1.2cmくらい)の右隣りの枠に入っている
グリーン、パープル、水色の3つの糸巻き。

・・・米粒ですか?!




IMG_6582aa.jpg



イタリアのちょっと田舎のバールとかに置いてあることが多い
サッカーゲームのミニチュア。

ちなみに、私はこれ、ものすごく下手で、
イタリア人の少年達に呆れられました(←どうでもいい)。




IMG_6583aa.jpg



んぎゃーーーーーー!!!

ちいさいモノ好きの人が見たら、
心がワクワク舞い上がり、
狂乱の舞を舞わずにはいられないであろう眺め!!

ちびっこくて、精緻で、可愛らしいものがなんてたくさんあるのだ。
もう失神しそうだよ!!(><)




IMG_6584aa.jpg



実際、私の反応は、こちらの犬を連れた
ホームレス風(?)のおばあさんの動作と同じでした(笑)。

天を仰いで額に手を当て、
「マンマ・ミーア!!」(なんてことだ!!)

ぶらさがっている見事なシャンデリア、5~6cmくらいです。




IMG_6586aa.jpg



本革を使って製作されているミニチュアバッグ。
使用された本革も展示されていましたが、極薄!!

しかも、これ、もろブライスさんサイズなのですよ。
あああ!!
現金があれば・・・現金があれば・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。




IMG_6588aa.jpg



黒とゴールドハートのバッグとバニティ。
自分用にもこういうのが欲しいです。(♡∀♡)

うちのブライスさん達にも買ってあげたかったよ・・・。
(このバッグは、ローレライさん=アレクシスエメラルドに似合いそう♪)




IMG_6599aaa.jpg



ホンモノかと見まごうばかりの絢爛豪華なシャンデリア。
こちらもサイズは、5~7cmくらいです。

カナダからいらしたこちらの作家さんのブースには、
これらシャンデリアがたわわに(?)ぶら下がった展示台をはじめ、
その他のドールハウス用の繊細で華麗な照明器具がわんさか並んでおり、
煌びやかな美しさに圧倒されました。




IMG_6601aa.jpg



南欧風インテリアには欠かせない、手描きタイル。
1枚が人差し指の爪サイズです・・・・

・・・・・。
(もう言葉がありません)




IMG_6603aa.jpg



ヨーロッパの田舎のおうち風。

手前の壺のレリーフの色の塗り方が絵画的で良いですね。
後ろの家具の年季の入った感じも素敵です。(*´ω`*)




IMG_6604aa.jpg



そして、お洒落な白のシャビーシック・スタイル。
テーブルの脚のカーブのラインがエレガント。
ガラスの明るい透明感と、
白のシャビーシック塗装は清潔感を感じさせる組み合わせですね。




IMG_6605aa.jpg



織りのマット/カーペット。
もちろん、1/12サイズ。

もう、目が・・・目が・・・・(≠ムスカ大佐@天空の城ラピュタ)




IMG_6607aa.jpg



オゥ!!
ボンサーイを発見!!(・∀・)

発見したはいいが・・・この極小さは、いったいどうしたことであろうか。




IMG_6609aaaa.jpg



↑の写真のボンサーイがいかに極小か。
この極小ボンサーイは、こちらのトコノーマに飾られているのだが、
カケジークの下方にあるやつがそれである。

もちろん、このトコノーマそのものがミニチュアサイズであることは言うまでもない。
なお、カケジークもきちんと和紙を使用しており、
日本画タッチの朝顔の絵もこちらの作家さんが描かれたものである。

<ひとくち講座>
こういった極小盆栽は、小品盆栽と呼ばれ、
右側に飾ってある少し大きめのミニチュア・ボンサーイ(←ややこしい)
と対になるもので、“主木”に対して“受けの物” というのだそうです。
(作家さんに、教えていただきました・・・(・∀・)




IMG_6612aa.jpg



これら、床の間、盆栽、小品盆栽のサイズ感をご覧いただきたい。
こちら、作家の方が手にしてくださったのはトコノーマの前にある床几。

おわかりいただけただろうか。
この床几がこのサイズであるので、
↑の写真のマイクロ・ボンサーイのサイズも、どうかご想像いただきたい。




IMG_6615aa.jpg



なお、床几の作りももちろん凝っていて、
透かし彫り装飾(←でいいのだろうか、呼び名は・・・汗)が施されています。
ひとつ上の写真の床几は雲形、こちらは輪が3つ。
きちんと日本のスタイルを再現するべく、細部にまで拘ったそうです。

こういった和がテーマのミニチュアを製作されているのは、
イタリア人のミニチュア作家さん、マヌエラ・フェッラレージさん。




IMG_6610aa.jpg



こちらも、マヌエラさんの自慢の作品。

ボンサーイがいっぱい!!(*゚∀゚)
マヌエラさんは、ご自分でも盆栽を育てていらっしゃるそうで、
(きちんと日本のマエストロ=師匠に習ったらしいです)
そもそも植物や自然の光景をミニチュアにしたものである日本の盆栽を、
さらにミニチュアにしちゃうという発想をもって、
ユニークな作品を作りたかった、とおっしゃっていました。

ミニチュアの中にミニチュアがある、というこの額縁構造!!
人間サイズの家具の上にブライスサイズの家具をセッティングして
ニヤニヤする趣味の私のツボをドストライクです(笑)。




IMG_6617aa.jpg



マヌエラさんが特にお気に入りの、石のお庭。

ゴマ粒みたいな釣り人がいます(爆)。

マヌエラ・フェッラレージさんの他の作品はこちら → ★★★
ヨーロッパ調のミニチュアはもちろん、日本がテーマの作品もあり、
下町の家の玄関先を再現したミニチュアとか・・・・。
昔風の郵便ポスト(←資料を探すのにとても苦労されたそう)に、
“マヌエラ” “アルベルト(←おそらくご主人のお名前)” と極小カタカナで
書いてあるところに萌えました。(*´∀`*)カワイイ



Affogata nell'alluvione di miniature.....



-----------------------------



以上、全5回に渡ってお送りしました、
ミラノ・ミニチュアショウ Miniaturitalia2016 レポ。
ヨーロッパのドールハウス文化の歴史を身をもって感じさせてくれる
圧巻のイベントでした。

ホテルの会議室3つを借り切って行われており、
床面積的にはすっごく大規模というわけではないのかもしれませんが、
(なにしろ、展示品のサイズが極小ですからね)
内容は凝縮で充実、アンド目が充血!!!(@∀@;)
(これで、会場がもっと広かったりしたら、
見てまわる方も集中力がもたないと思います:汗)

お人形さん好きやミニチュア好きの人だったら、
これを目当てにイタリア旅行するのもありだな~と
思ってしまうほど、価値のあるイベントに感じました。
(ちょうどバーゲンのシーズンでもあるし、観光シーズンじゃないから飛行機も安い:笑)

来年、また訪れるのが今から楽しみです。(*^^*)

最後におまけの番外編として、
戦利品を紹介させていただく記事をもって(←近日更新予定)
2016年のレポは終了とさせていただきます。

ご覧くださり、ありがとうございました。
(縫い子談)


<おまけ>
IMG_6628aa.jpg
ミニチュアショウの取材に大活躍してくれた、
我がちっちゃいジャーナリストさん達。
疲れて帰宅するなり、ばったり眠り込んでしまった模様。
そんなふたりにやさしくお布団をかけてあげるのは、
面倒見のよいアーニャさん。

IMG_6630aa.jpg
そして、ふたりがぐっすり眠れるよう、
ローレライさんは子守歌を歌ってあげるのでした・・・
(以上、演出アイディアは夫でした)


<出演ブライス>
ジェルソミーナ/ベリーヴィッキー
カロリーナ/アーバンカウガール
(←ごめん、ふたりとも、レポ最終回は全然出番なかったね)
アーニャ/マトリョーシカメイデン
ローレライ/アレクシスエメラルド




にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:7
2016
02.12

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (4-1)

Category: イベントレポ
IMG_6545aa.jpg



- 天蓋付きのベッドがあるよ~!
- とってもロマンチックだね~!貴婦人のベッドみたい!

ミラノ・ミニチュアショウ2016 レポ最終回は、
出品されていた数々のドールハウスミニチュアの写真を
怒涛のように貼っていきたいと思いますっ!!(←興奮)(*゚∀゚)=3

画質が、ひじょーにひじょーにひっっじょーーーーに残念ですが、
ボケて写っているところもすべて精緻に出来ている作品ばかりですので、
どうぞ心のフィルターを通してご覧ください。

ミニチュアのサイズは、ドールハウス用ですので1/12がメインです。
サイズ感でいうと・・・プチブライスさんクラス。
この天蓋付きのベッドとか・・・なんと素晴らしい様式感。




IMG_6546aa.jpg



- ベッド、もっといっぱいあるよ~!
- ピンクのベッド、可愛いねっ!

嗚呼ゞゞッ!!

・・・・至福。(*´∀`*)=3

上の段の木でできた重厚でどっしりとしたベッドも素敵だし、
下の段の繊細な白のアイアンベッドも愛らしい。
どんなお人形さんが眠るんだろう?(*´ω`*)




IMG_6547aa.jpg



- 可愛い帽子屋さんだね♪

フツーのお人形用のクロッシェ帽子にしか見えないんですが、
これ、本当にちっちゃいんです。
そして、1点1点、デザインが素敵。

かぎ針編みドールアウトフィットは、
“オカンアート” になる危険をはらむ(笑)難しいジャンルですが、
これはオカンではないと思います。




IMG_6548aa.jpg



お人形さんの寝室の家具をまとめて。

かかかか、可愛い!!(*≧ω≦)
よく手入れされて磨きこんだ家具のツヤ感とか・・・木の質感とか・・・
ジェルソミーナ(ベリーヴィッキー)とカロリーナ(アーバンカウガール)の
寄宿学校時代の寝室*、こんな感じでコーディネートしてあげたい!!

*縫い子注:ジェルソミーナとカロリーナは同じ寄宿学校で姉妹同然に育った幼馴染の
親友という脳内設定になっておりまして、いつか自分のドルハを作るとしたら、
彼女たちのその寝室を再現してみたいのです。




IMG_6549aa.jpg



- クロスステッチ刺繍のクッションがいっぱい♪



IMG_6550aa.jpg



- タペストリーやマットもクロスステッチだよ~。



IMG_6551aa.jpg



- クロスステッチって、こうやって木枠で布をぴんと張って、
 ×印に刺繍していくんだよ。

 根気のいる作業だね~!



IMG_6552aa.jpg



- じゃーーーん!!
 こんなにちっちゃいの!!

素敵すぎて、もうもう・・・(@3@)=3 ハナヂ ブー
言葉が出なかった、極小クロスステッチ刺繍。
(これ・・・ク、クロスステッチですよね?)

これがいかに小さいものであるのかは、
最後にブライスさんとの比較写真ドン!!




IMG_6554aa.jpg



- ハンティングルーム!!



IMG_6555aa.jpg



- 狩猟用の革のリュックサック、ショルダーバッグ、水筒、
 ベルトとポーチとナイフ、毛布もあるね!

この毛布・・・ハローハーベストさんのデフォOFの小物みたいです。
このお部屋、1/6サイズだったらハロハさんを佇ませてみたいなあ。

なんて・・・
1/12ドールハウスは買えないので、“もし1/6だったら ”ごっこ、
すなわち・・・もしこのお部屋が1/6だったら、
どのブライスさんをコーディネイトさせたら似合うかなー?
という妄想を勝手に繰り広げる “ごっこ” 遊びが捗る!!(・∀・)b




IMG_6559aa.jpg



アフリカン・テイストのハンティングルーム。
壁にかかっている動物の剥製ミニチュアがまた・・・
動物の表情とか、首の角度とか、めちゃくちゃよく出来た造形!!

このお部屋には、
マヌヘアリイパラダイスガールさんなどどうであろうか!!
(マヌさんは、アフリカ娘ではなくハワイ娘だけど)
(そういえばアフリカ娘設定のブライスっていないですね・・・エチオピアやソマリアなど
美女の産地だし、黒人肌で1人いてもいいのではないだろうか!)




IMG_6556aa.jpg



同じ作家さんのブース。
スチームパンクテイストのアウトフィット、帽子、靴。

1/12サイズです・・・・
デザイン、エレガントなのにかっこよすぎて・・・いいなあ~。
なんかもう・・・・(*ノд`*)ナケテクル

そういえば、スチームパンクモチーフのデフォブラも出ていないですね。
これも、アフリカ娘と並んで、出てもいいと思う!!(*゚∀゚)=3




IMG_6557aa.jpg



そして!!

“わたしも、ミニチュアドールハウスをお部屋に飾ってみたいわ”

・・・そんなふうに思う(かもしれない)
1/12ドールハウスに暮らすお人形さん達のニーズにも
ちゃんと応えてます!!




IMG_6558aa.jpg



ミニチュアの中に飾るミニチュア!!

でも、可愛い!!
でも、すごくよく出来てる!!

ひとたび、“ちいさきモノ” に嵌まった人間の情熱というのは、
どこまで小ささを突き詰めれば気が済むのか?!

この極小ドールハウス、
ブライスさんが抱えてちょうどよいくらいのサイズです (@Д@)!!
な、なぜお買い上げしなかったんだー!私のバカ―!(><)




IMG_6561aa.jpg



- 可愛いハンドバッグ屋さんだよ~!
 ベルトとお揃いの花柄のエナメルバッグ、春らしくて可愛いね♪

自分用にも欲しくなっちゃうような可愛いデザインのバッグとパース。
このハンドバッグが、すっごーーく丁寧に作ってあって、
それだけでも驚愕なのですが・・・・
同じケースにさりげなく収まってるパースの口金とかですね・・・
もう・・・ああ・・・どうしろというのだ・・・。゜゜(´□`。)°゜。ウワアン!!




IMG_6562aa.jpg



奥行きがないタイプのドールハウス。
1階はキッチン、2階にベッドルームとバスルーム。
なんて可愛らしく、居心地がよさそうなインテリア。
うわぁん、こんなドールハウスを本棚の一角とかに飾りたいよぅ。
てか、こんなおうちに住みたいよぅ!!(*ノд`*)

・・・などと、妄想が止まらない!!




IMG_6563aa.jpg



これこれ!!
この南欧風インテリアのキッチン!!

うちのキッチン(←リアルなやつです)を改装するなら、
こういうふうにしたいんだよ~~~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

妄想上でおうちの模様替えまで捗っちゃう!!(←もう、なにがなにやら・・・)




IMG_6564aaa.jpg



- ミニチュアフードがいっぱい!!
- どれも、お菓子を作っているミニチュアだね!!



IMG_6565aa.jpg



- トルタ・マルゲリータだ!
- ふんわりしたたまごの味のケーキ、食べたいね~!

卵の白身のぬるりとした透明感。
小麦粉のパッケージは、リアルに存在するヤツの・・・極小バージョン。
トルタ・マルゲリータとは、スポンジケーキに似てますが、
スポンジの質感がちょっと粗くて、
でも食感はしっとりしているという素朴なケーキなんですが、
そのちょっと粗っぽいスポンジの質感が、このサイズで超リアルに再現されてます!
(サイズ・・・親指の先くらいです・・・あわわわ)
トルタ・マルゲリータ・・・しばらく食べてないな。
近々、作ろう・・・。(←胃袋まで、妄想が捗るよ)




IMG_6567aaa.jpg



- わたし、巨人じゃないからねーーっ!!

↑↑この写真の撮影中、ブースの方がさりげなく背後に回り、
私の背中越しにブライスの写真を撮られていました(笑)。
ジェルソミーナさん、「可愛い!」 と人気者でした。よかった。(*^^*)




L'alluvione delle miniatuuuuuuuuuure!!

Ogni oggetto, fatto in iper precisione fino a 0.1 milimetri,
tiene sempre la grande raffinatezza di gusto.
Ma che mondo....!!
Si può dire anche "CRAZY" o "PAZZESCO",
certamente nel senso buono di entrambe le espressioni,
ma io volevo dedicare solo ma grande "COMPLIMENTI"
per apprezzare la passione degli artisti che creano questi sbalordimenti!!



------------------------



えーと、ごめんなさい。
今回、レポの最終回で、怒涛のように写真を貼りまくろうと思ったのですが、
あまりにも長くなりすぎるので(!)分けます。

写真に写りこんでしまう各作品の値段を、
ちまちまとレタッチして消してから編集しているのですが、
さすがにこれだけの数になると、
レタッチだけでちょいと精力使い果たし気味でもありまして・・・(笑)

いつもは画質の悪い写真は、
複数枚をコラージュすることで画質の悪さを目立たなくさせているですが、
このミニチュアショウの写真だけは、
たとえ画質が悪くても1枚で載せたい!!(><)

・・・ので、どうしても枚数も増えれば記事も長くなってしまいますが、
よろしければ是非、ひきつづき、めくるめくミニチュアの世界をご覧ください。
(縫い子談)


<出演ブライス>
ジェルソミーナ/ベリーヴィッキー
カロリーナ/アーバンカウガール
(←あれ、カロリーナが写ってる写真1枚もなかった!笑)




にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2
2016
02.11

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (3)

Category: イベントレポ
IMG_6521aa.jpg



- 日本からいらした作家さんだよ~。
 極小のガラス器と磁器を製作していらっしゃる
 松田美香 Mika Matsuda さん!



IMG_6540bb.jpg



- 見て見て、このガラス器!
 繊細で、すっごく洗練された形でしょう!



IMG_6540aa.jpg



- そしてねぇ、絵付けが手描きなんだよ~!
 人間サイズのガラス器と同じ方法で製作されているんですって。

 これねぇ、わたしにもちっちゃいサイズなんだよ~~!!



IMG_6526aaa.jpg



- ガラスのボトルとグラス。
 そして、磁器のバスケットは、ちゃんと1200℃の釜で焼いているんだって!

 あ、ボトルとグラスが並んでいるミラーのテーブル、
 埃がいっぱい落ちているのは、会場が埃っぽいからだからねっ。
(イタリアは、常に謎の埃が舞っている国・・・orz by縫い子)



IMG_6533aa.jpg



- さてさて。
 金箔入りのおしゃれなワイングラスで、ワインはいかがですか~?

 淡い紅色のガラスが、とっても繊細で綺麗でしょう?



IMG_6535aa.jpg



- じゃーーーん!!

 このグラスとボトルセット、こんなにちっちゃいんだよ~!!
 わたしもちっちゃいけど、このグラスはわたしにもちっちゃいね!

 松田さんは、きっと夜になったら小人さんに変身してるんだね。
 そう思うな!



IMG_6538aa.jpg



- ジェルソミーナ、疲れちゃったの?
 休憩に行く?



IMG_6543aaa.jpg



- ふぅ~、すごーい作品をいっぱい見たから、
 目が疲れちゃったね!
- 絞りたてのオレンジジュースでビタミンC補給しなきゃ!



IMG_6531aa.jpg



- ひととおり会場を一周したから、
 これから写真を撮影させてもらったり、
 お買い物したりするために、最初のブースに戻るよ~。



Le miniature di vetro e porcellane, fini, fini, finissississime....
Complimenti all'artista sig.ra Mika Matsuda!!
Come possibile creare queste meravigliose bellezze...
così...diciamo...da lenti d'ingrandimento?!
Sono convinta che quando arriva la notte lei si trasformi in nana
e lavori al suo laboratorio magico...!!



-------------------------------------



ジェルソミーナ(ベリーヴィッキー)と、
カロリーナ(アーバンカウガール)をオトモブライスに訪れた、
ミラノ・ミニチュアショウ2016のレポ第3弾。

このミニチュアショウは、もう10年も続くイベントで、
世界各国から出展者が参加されているのですが、
我が日本からも、美しく精緻なガラス器と磁器のミニチュアを
製作されている作家の方が参加されていました。

作家・・・いえ、もうアーティストと呼ばせてください。

松田さんの作品は、
普通の距離(←といっても30cmくらいの近距離w)から眺めても、
「わあ、きれいねぇ!」 と晴れやかな笑顔になりますが、
超・至近距離に寄って見ると、笑顔は驚嘆にかわり、息を呑まずにはいられません。
息を呑むけど、興奮と驚きの鼻息で作品をふっとばしちゃいかん!
と、アワアワしてしまう!!(((((( ;゚Д゚))))))

他にもミニチュアガラス器を出品なさっている方はいましたが、
これほど繊細な絵付けや、金箔装飾をほどこしている方はおらず、
松田さんの作品の優美さには、溜め息しか出ません。
(ああ、しかし!作品をふっとばしちゃいかんので溜め息もつけない!)

同じ日本人同士ということで、親しくお話をさせていただいたのですが、
私の感性をゆすぶったのは、松田さんが雑誌に載ったときのエピソード。

掲載写真って、普通はミニチュアのサイズ感を分からせるために、
マッチ棒やコインなどを比較に置いたりしますが、
松田さんはご自身の作品をかすみ草の花と撮られていました。
まるでバラの花のように見える白い花・・・なんとよく見るとかすみ草!

作品の極小さと精緻さを伝えられるとともに、
一枚の写真としても、あくまでも美しく調和のとれたイメージを
大切にしたかったのだそうです。
(繊細なガラス器にマッチ棒やコインという無粋なとりあわせではなく!)

この美意識ですよ!!

人の心を打つ美しいものを製作される方というのは、
日頃からの美意識が研ぎ澄まされているのだな、と感心しました。


なお、松田さん、とってもフレンドリーな方で、
我がちっちゃいジャーナリストさん達を気に入ってくださって、
ノリノリで写真撮影に協力してくださいました(笑)。

ワイングラスとボトルを紹介しているカロリーナさん、
実は、松田さんがとっても楽しそうにセッティングしてくださった一枚です(笑)。
松田さん、来年の出展はぜひブライスさんをコンパニオンガールに!!(爆)

ミニチュアショウレポ、全3回の予定では終わらず、
次回最終回、ドゥリャーーーー!!ミル貝!!と気合を入れて、
怒涛のように写真を貼っていきたいと思います!!

ミル貝の元ネタ→こちら(★)
特にコメント欄、さこみんさんへのお返事コメント参照。
(まーさん、ごめんなさい、ミル貝おもしろすぎてパクってしまいましたw)
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0
2016
02.10

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (2)

Category: イベントレポ
IMG_6494aaa.jpg



- あーーーーーっっ!!
 ブライスだ!!



IMG_6499aaa.jpg



- お邪魔しま~~~す!!

今回のミニチュアショウで、一番驚いたこと。
まさかのブライスとの邂逅!!
前記事でご紹介したガラス&鏡の方、
ミニチュアベア&極小ドール&エッチングの方、
おふたりともブライスファンでいらっしゃったのです。
さらにもう1人、カスタムブライスを出品されている方と
3人共同でブースを出していらっしゃったのでした。

さっそくブースにお邪魔する、我がちっちゃいジャーナリスト達!!(笑)




IMG_6495aa.jpg



私はデフォルト大好き派で、
(カスタムはアイチップや頭皮チェンジなどのプチカスタムまでかな)
ブライスの原型をかなりアレンジしていることが多い
外国の方の作るカスタムブライスは実はかなり苦手で(ごめんなさい)、
中でも眉毛のあるブライスさんには「う、うむ・・・」ってなってしまうのですが、
この方のカスタムブライスは、私としては「なかなか悪くないかも?」と思えました。

中でもこの子は(眉毛が前髪に隠れているせいもありますが)、
ブライスらしさも残りつつ、カスタムブライスとしての個性もあって、
可愛らしい子だと思いました。
ほんわりとのったナチュラルカラーのチーク、
そしてリップカラーとすこし彫ってあるリップ造形、
リップペイントの形もとても上品で、可愛いです。




IMG_6496aaa.jpg



この2人も、メイクのペイントが綺麗。
塗りすぎていないところが良いです。
塗り方にセンスがあるなーと思います。(*^^*)




IMG_6497aa.jpg



この子も、アイカラーとヘアカラーとメイクのバランスが、
とっても綺麗で可愛らしいです。
すでに “売約済み” でした。

元ドールは、サリーサルマガンディかな?




IMG_6492aa.jpg



- 最後に、みんなで記念写真だよ~!



IMG_6589aa.jpg



- 他にも、お人形さんがいるね。
- すごく綺麗・・・!

今回のフェアは、基本的にはドールハウス&ミニチュアということで、
ドールも小物なども、1/12スケールの出品がメインでしたが、
普通サイズ(と言っていいのかな?)のお人形を出品されている方も
何人かいらっしゃいました。

こちらの作家の方のお人形は、ただただ、美麗・・・のひとこと。
このドールは、表情もポーズも、ドレスの出来もたいへん素晴らしく、
じーーっと見惚れてしまいました。
願わくば、雑多な背景ではなく、
黒一色をバックにして撮りたかった・・・!(><)
(しかもMYオールドiPhoneなどではなく、ちゃんとしたカメラで!)




IMG_6590aa.jpg



こちらも同じ方の作品。
左側の子の手の表情とか、どうでしょう・・・!
舞踊家の繊細な手の動きの残像すら、目に浮かぶようです。

そして、右側の子・・・宙に浮いています。

この右の子は、左の子の肩にかけた腕だけで支えられているのですが、
どういう造形バランスなんでしょう?!?!
左の子の肩にかけられた彼女の右腕、肘から手首までの造形、
肌の下にうっすらと浮いて出る筋肉の動きがちゃんと分かります。
そして、同じく首から鎖骨にかけて浮き上がるスジ?腱?
とてもリアルです。




IMG_6591aa.jpg



インペリアルスタイルのドレスに身を包んだお人形。
手前の子の水色のドレスも、後ろの子の黄色いドレスも、
なんて繊細で美しいのでしょう。




IMG_6593aa.jpg



そして、この表情。
これはもう絵画です。

立体的に造形された、とっても美しい絵画。




IMG_6595aa.jpg



- サンタさんがいるよ~。
- お洋服がかっこいいね、海賊みたい!

海賊っぽい衣装(?)に身を包んだサンタクロース。
この衣装のセンス、とっても好きです。
そもそも今日普及している赤い衣装のサンタクロースは、
もとはといえば、コカコーラの宣伝要員だしねぇ(笑)。




IMG_6596aa.jpg



ああ、なんという美しい造形物でしょう。
妖しくも美しい彼女。

もう、溜め息しか出てきません。

・・・というか、この作家の方の世界観に魅了されて、
言葉遣いがいつの間にか外国文学翻訳調になってしまっています!!(笑)




IMG_6596bb.jpg



画像がますます粗くなってしまうのは承知の上ですが、
同じ写真を拡大で。

彼女の美しい顔(←“かんばせ”とお読みください)。
惹きこまれるように見入ってしまいます。
いえ、魅入られてしまうようです。




IMG_6597aa.jpg



妖艶かつダークな世界観がありそうな耽美的なアリス。

背景の複数の時計、ロリータな衣装を着た大人っぽい顔のアリス、
ウサギの造形、赤の女王の廷臣らしく厚みのある生地でできた衣装。

ただ “お人形を作る” というだけでなく、
製作したお人形で見る者の想像力をかきたてる世界を創り上げる
作家の方のイマジネーションは、本当に素晴らしいと思います。




La fiera della casa di bambole e delle miniature, Miniaturitalia 2016.
Non solo le miniature della misura di dollhouse, ovvero 1/12,
ci sono anche le bambole di altre misure.

Le Blythe, anche se io amo molto la forma originale e niente customizzazione,
devo dire decisamente che sono bambole molto particolari
che stimolano la creatività degli artisti a customizzare.

Ci sono anche altre bambole bellissime, le ritengo "i dipinti in 3D".
Quanta sensibilità artistica...!!
Per ammirare queste meraviglie non servono le parole...
si sente solo che qualcosa colpisce il cuore.



----------------------------------



というわけで、ちっちゃいジャーナリストに扮した
ジェルソミーナ(ベリーヴィッキー)とカロリーナ(アーバンカウガール)が
取材する、ミラノ・ミニチュアショウ2016 レポ第2弾。

本日は、お人形さん特集でお送りしました。

スペイン、フランス、ドイツ、イギリスなどに比べると、
イタリアのブライスファンはまだまだ少ないので、
思わぬ出会いにこの3人の作家さん達とは、
めちゃくちゃ盛り上がってしまいました。(*^∀^*)

ただ、ひとつだけ気になったことがあって・・・。

「私もブライスを集めていて、今日も連れてきたんですよー!」と、
ジェルソミーナとカロリーナを見せたときに、
カスタム作家の方はすごく驚かれて、ちょっと顔をしかめられて(!)
「顔はテカテカのままなの?!ボディも可動にしないの?!」
っておっしゃったんですよね。

ドールの好みは人それぞれなので、
ツヤ肌派、マット肌派、デフォルトボディ派、可動ボディ派、
それぞれでいいと思うのですが、
聞けばこの方、ブライスにハマって半年くらい?とかで、
ブライスはカスタムして楽しむもの、
カスタムするのが当たり前みたいな価値観をおもちに感じたのです。

実際、インスタグラムなどに上がる外国のコレクターのブライス写真は
デフォよりカスタムが多い気がしますし、
外国人の好みにはデフォよりカスタムの造形の方が合っているのかもしれませんが、
(じゃ、Vinブラはどうなんだ?!アレが生まれたのは外国だよ?!と思いつつも)
他でよく見るブライスがみんなカスタムになっているからと、
すぐに新品のブライスをカスタムしてしまうのは、
とてもとても、残念に思いました。(><)

「この子は、もともとが日焼け肌だったのよ~」とおっしゃるので、
「じゃあ、元ドールは去年の夏に発売されたチェリービーチサンセットですね?」
「・・・分からないわ。たしかに8月に手に入れたけど」

元ドールがどのモデルであるかも、あまり興味がないようでした。
「え? 過去の子をオークションで買うの? USEDの子でも?」
とも、おっしゃっていましたし。
(つまりはコレクターというより、造形作家的なスタンスなのかな、と)

もちろん、それが悪いというわけでは全然ないのですよ!
でも、ブライスという “ドール” のファンとしては、
もともと考案されて製作されているデフォルトドールの良さというものも
意識して欲しいなーと強く思ったのです。

特に、ブースにやってくるお客さんに、
“ブライス” というドールを紹介するのなら、なおのこと!(><)

てことで、「私はデフォルトのツヤ肌が好きだし、
ボディも不器用なデフォルトのままが好きなんですよ~」
そして、なぜそれらが好きであるのか、
私が思うカスタムしないブライスの魅力について、
彼女にとうとうと語って参りました(!)。

外国では、自分の意見を率直に言うことはとても普通なことですし、
このようにして好みの違う者同士が意見交換をしても、
お互いを貶めることにはならないというのが、
外国文化のよいところだなーと思いつつ。

あ、ついでにラディエンスとフェアレストの違いも、
ジェルソミーナとカロリーナというサンプルを見せながらとうとうと語り、
さらにはiPhoneに入っているエクセっ子までも見せ、
ネオブライスの歴史レクチャーまでしてしまったのであった・・・(・∀・;)
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:6
2016
02.09

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (1)

Category: イベントレポ
IMG_6474aa.jpg



- イタリアで唯一のミニチュアショウ、
 年に1回、ミラノで開催される
 ミニアトゥリタリア Miniaturitalia 2016の取材に来たよ~。



IMG_6489aa.jpg



- わたし達、今日はちっちゃいジャーナリストだね!
- さっそくゲストブックにサインしなきゃね!
(実際はこのペン、壊れててサインできなかったんですけどね。ドンマイ! by縫い子)



IMG_6482aa.jpg



- エントランスに展示してあったミニチュアのいくつかだよ。
 これは、プリマドンナの楽屋だね。

- 化粧台がすっごーーーーく素敵だねっ!
(まあ、わたしの次の舞台にぴったりね・・・ byローレライ)
(ああ、ローレライさんさぞ似合うことであろう・・・1/6だったら欲しい! by縫い子)


<縫い子お詫び>
このミニチュアショウ、予想をはるかに上回るレベルの高さで、
どの作品もとんでもなく精巧で美しくよく出来たものばかりでした。
それなのに我がカメラ(←ですらない三世代前のiPhone)では、
まったくその素晴らしさを写し取ることができません!!(号泣)
たいへん申し訳ないです!!(><)

この楽屋の化粧台と散らばる化粧品やアクセサリー、スツール、
鏡、衣装・・・その精巧さの素晴らしいこと!




IMG_6484aa.jpg



- これは、彫刻家の工房だね!
 すごーーいリアル!!

こちらも、とんでもなく細かくて精緻です。
台の上の石膏像とか・・・どれも高さ2~3cmですよ?!(@∀@)
なのに、この腹筋とか、オジサンの横顔とか、壺のレリーフとか、どういうこと?!




IMG_6488aa.jpg



- ワンちゃん、赤いお部屋で休んでる~!
- ごはん、オアズケなんだね。

セントバーナードの表情とか・・・いるよ、いるいる、こういう表情の犬!!
どの作品も、ただ細かいだけじゃなくて、とにかく丁寧なのです。
正直言って、外国の人って日本人ほど手先が器用じゃないと思っていたので、
(非難されるのを承知ですが・・・そう思ってました、ごめんなさい)
今回のミニチュアショウも、実はちょっとなめてた(←小声になっちゃう・・・)のですが、
とんでもなかったです。




IMG_6505aa.jpg



- ドールハウス用のガラスと鏡がいっぱい~!



IMG_6507aa.jpg



- 可愛い洗面台だね!
- ミッキーマウスみたいなソープディスペンサーも
 ソープディッシュも、コットン入れも、こ~んなに小さいのに、
 ちゃんとガラス製だよ~!



IMG_6508aa.jpg



- ガラス製のドア!
- とってもおしゃれなおうちだね!
 こんなおうちに住めるお人形は、幸せだね~!

ドールハウス用のガラスおよび鏡を作っていらっしゃる方のブース。
1枚目の写真の下半分に写っている数々の鏡。
この小ささで(←だって4×6cmとかですよ!)、
装飾がちゃんと彫ってあるのです!
上から描いているのではなく!!(@ @)

iPhoneで果敢に撮影に挑んだのですが、
とても満足いく画像で撮ることはできませんでした!!(><)




IMG_6509aa.jpg



- ちっちゃ~~~~~いクマさんが、いっぱい!!



IMG_6510aaa.jpg



- もふもふしてて、やわらか~~~い!!
 ちゃんと手足も動くんだねっ!!

- ねぇねぇ、これ買って~~~~!!!

羊毛フェルトの極小テディベアを作っている方のブース。
やられました・・・・・。
お買い上げです(←しかも2匹)。

だって、このいかにも、ブライスさんに抱っこさせてあげてください
と言わんばかりのサイズはどうなの?!
これは、素通りするわけにはいかないでしょう!!(><)




IMG_6513aaa.jpg



- ちっちゃい、ちっちゃい、ちっちゃいお人形たち!

同じ方が製作された・・・えーと、これはもう・・・
なんといったらよいか・・・ なんなんですか? このちっこさは?

これらのお人形さんやクマさんやピエロ、サイズが1cmくらいなんですよ・・・
ものすごーーーーく頑張って接写を試みましたが、
我がiPhoneのレンズが悲鳴をあげましたよ!!(@Д@;)




IMG_6517aa.jpg



そして、さらにこの方が描かれたエッチング。

ピントがかろうじて許容範囲になるには、
どうしてもこのくらいまでの接写しかできないのですが・・・
そして、この接写画像だと、意外と普通のエッチング額に見えちゃうのですが・・・
↓↓の写真のブライスとの比較で、1枚の額のサイズをご想像ください。




IMG_6518aa.jpg



- ドールハウスのインテリアに、
 ステキなエッチングはいかがですか~?

遠近法使ってません。
ブライスは展示額によっかからせています。
このサイズで、このエッチング・・・
木の枝とか一本一本がちゃんと見えるんですよーー!!(@Д@;)
もう・・・・!!
どうなっているんですか?! ミニチュア製作者の方々の情熱って?!




Evviva, Festival di miniatura in Italia, Miniaturitalia 2016!!
Favoloso, Fantastico, Meraviglioso, Stupendo, poi... cosa altro da dire?!
Evviva il mondo di lente d'ingrandimento!!
(...anche se dopo mi è venuto terribile affaticamento agli occhi...)



------------------------------



というわけで、ちっちゃいジャーナリストに扮した
ジェルソミーナ(ベリーヴィッキー)とカロリーナ(アーバンカウガール)
を連れて行って参りました、ミニチュアショウ。
本日より、数回に分けてレポをお送りします。

それにしても、興奮した1日でした。
ヨーロッパのドールハウス&ミニチュア文化、
本場だけあってとんでもなくヤバいです!!
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4
back-to-top