--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
04.03

パスティッチーニ

IMG_4971dd1.jpg



- ちいさいお菓子がいっぱい♪



IMG_4959dd2.jpg



- 美味しそう・・・



IMG_4968dd3.jpg



- 誰が食べるのかな?



IMG_4957dd4.jpg



- いつ食べるのかな・・・?



IMG_4952dd5.jpg



- 待ち遠しいな・・・♪



Quaaaanti pasticcini....!!
Chi potrà mangiare? Posso?



--------------------------------------



先月の “女性の日(3月8日)” 。
本来なら、男性からミモザの花とともにお菓子なんかを
プレゼントされる日なんですが、ウチの夫は忘れてたらしいので、
自分でケーキ買ってきました(爆)。
今頃、3月初旬の話題・・・(・∀・;) この記事、下書き状態のまますっかり更新するの忘れてました(汗)

日本で は“パスタ” っていうとスパゲッティなどをいうみたいですが、
本来は小麦粉の練り製品全般をさす単語です。
だから、ケーキなんかの生地のこともパスタ、
転じてそのままケーキをもパスタということもあります。

日本でいうところのプチフール(←あっ、これって昭和の語彙?)、
今はなんていうんだろ・・・プチスイーツ?・・・(笑)
ともかく、こういったひとくちサイズのお菓子は、
パスタ pasta” に縮小形の接尾辞 “-ccino(-っちーの)”をつけて、
パスティッチーノ pasticcino” と呼ばれます。
たったひとつだけ買うこと(食べること)は稀なので、
たいていは複数形で “パスティッチーニ pasticcini”。

近所のケーキ屋さんがいつのまにかリニューアルしていたので、
ためしに買ってみました。
パティシエが若い人だったこともあり、
イタリアのお菓子にしては甘さ控えめの洗練された味で、
とっても美味しかった!!(・∀・)リピ ケッテーイ!!

お菓子大好き(←ウチ設定)のマルティーナさん(テーラーギブソン)、
午後の陽射しに透き通る紺色の瞳がとても綺麗です。
光が入りにくいけれど、テーラーギブソンはこの紺色の瞳が一番好きかも。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment:2
2017
03.14

春の野原

IMG_4924cc.jpg



- 春の野原・・・



IMG_4925cc.jpg



- ヒメオドリコソウがいっぱい。



IMG_4934cc.jpg



- ちいさいピンク色のお花。



IMG_4937cc.jpg



- ちいさいスミレも咲いてる。



IMG_4941cc.jpg



- やっと春が来た♪



IMG_4942cc.jpg



- お日さまの光で、緑もきらきら。



Andare al campo di primavera...



------------------------------------



マンションの裏手のポプラ林。
去年の秋、生い茂る木々を大胆に伐採されてしまったのですが、
暖かくなって地面には草花がわさわさ生えてきました。

ヒメオドリコソウの群生がとりわけいい眺めでしたので、
さっそくブライスさんを外撮り。
ウェルカムウィンターさんのデフォOFを着てますが、
春の野花に囲まれて、
ウェルカムスプリングさんってところでしょうか。(・∀・)

素朴なピンク色のお花には、
素朴な魅力のマルティーナさん(テーラーギブソン)。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2
2017
01.30

小公女のお話

IMG_3349ss.jpg



- 19世紀末のロンドンの



IMG_3343ss.jpg



- 良家のお嬢さん達のための寄宿学校が舞台で
(手にしている本は『小公女』ではなく『神曲』ですがそこんとこは気にしないでください by縫い子)



IMG_3350ss.jpg



- こんな感じのタヌキっぽい猫が出てきて
(実際は三毛ではなく白猫でしたが by縫い子)



IMG_3358ss.jpg



- 主人公の女の子は、
 ほんとにほんとに可哀想な目にあうんだけど



IMG_3359ss.jpg



- 主人公のことを心から慕っていて
 嬉しいことがあったら自分のことのように喜んでくれて
 悲しいことがあったら一緒に涙を流してくれる



IMG_3361ss.jpg



- とってもいい子のメイドさんが出てくるお話

 ・・・のアニメを見たの、『小公女セーラ』。



IMG_3387ss.jpg



- これがそのメイドさん、ベッキー。
 わたしに似てる?
(iPhoneの画面が粉々でエライことになってますがそこんとこも気にしないでください by縫い子)



”La Piccola Principessa Sara”
Una dei pesonaggi di questa serie d'anime,
Becky, la gentilissima cameriera che aiuta sempre Sara,
dicono che si assomiglia molto a me. Vero?



------------------------------------------



世界名作劇場のアニメ 『小公女セーラ』 を連続視聴しました。
名作と名高いこのアニメ、本放送時は見ておらず、
主人公セーラへの酷すぎる鬱展開に驚愕しましたが、
お話の途中からだんだんと・・・
メイドのベッキーがマルティーナさん(テーラーギブソン)に見えて仕方がなく・・・
(そばかす!ツーテール!垢抜けない雰囲気!)

ベッキーがミンチン先生や料理番や女中頭やいじわるな女生徒に
ヒドイ扱いを受けるたびに
『ちょっと!!アンタ達、うちのマルティーナになにしてくれんのさ!!
ちょいとそこまで顔かしな!!』
と、現実とアニメと妄想を混同させた怒りが抑えきれなくなるという
我ながらわけわからんカオスっぷりでした(・∀・)

主人公に対する扱いが酷すぎるのと、いじめ役達のクズっぷりで
最後まで見続けるのがとてもしんどい作品でしたが、見てよかった。
シリーズの中でもとりわけ “名作” と名高いだけのことはありますね。

『小公女セーラ』、いろいろ思うところはありますが、
人間の “品格” についてとても考えさせられるアニメです。
ちなみに私のお気に入りキャラは、ピーター。
そして、“品格” の点でとても心を打たれたのは
洋服屋のご主人パン屋のおかみさんです。



<おまけの “もしも” ごっこ>

もしも、マルティーナがベッキーだったら・・・
うちの場合のセーラはローレライ(アレクシスエメラルド)かな?
↓↓
IMG_3387sss1.jpg

ローレライさんはなんとなく強そうだから、
アニメ版の優しいセーラよりも原作の気の強いセーラっぽいけど。


そしてアーメンガードは髪色とぷっくりほっぺでアイスルネさん。
(あんまり気弱そうには見えないけど・・・)
↓↓
IMG_3387ssss1.jpg


ピーターには、ボーイッシュが似合うキッカさん!
(プレイフルレインドロップス)
↓↓
IMG_3387sssss1.jpg


(2017年も妄想が捗る: 縫い子談)




にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2
2016
10.24

真夜中のちょばーる

IMG_1899ww.jpg



- ちょばーる、飲むの?



IMG_1903ww.jpg



- デンソ・エ・クレモーゾだって。
 ・・・濃厚でクリーミーってことだね。



IMG_1905ww.jpg



- 真夜中の甘いものって、美味しいんだよねー。



IMG_1915ww.jpg



- 濃厚でクリーミーにはしなかったんだー。
 普通のミルクココアだね。



IMG_1923ww.jpg



- でも、美味しいよね♪



Una tazza di Ciobar a piena notte...
...... una delizia segreta a mezzanotte.



-------------------------------------------



お菓子大好きマルティーナさん(テーラーギブソン)は、
真夜中だろうが真昼間だろうが、
甘いものはいつでも美味しいって思っているに違いない(*´ω`*)

イタリアのホット・チョコレート、チョッコラータ・カルダです。
以前も記事にしましたが、特徴はとっても濃厚なこと。
飲むというより、スプーンですくって食べる感覚です。

外で注文するときはこの濃厚さを楽しみますが、
家で作るときは牛乳でたっぷり薄めて、
普通のミルクココアのようにして飲むのが好きです。

“ちょばーる” っていうふざけた(←でもけっこう好きw)ネーミングは、

ちょっこらーた・かるだ・こめ・ぷれんでぃあーも・うん・てんぽ・ある・ばーる
(むかし、バールで飲んでいたみたいなチョッコラータ・カルダ)

・・・を、略したものだそうで。
つねづね、“ヘンな名前だな~(←でも好き)、なんて意味だろう?”
と思っていた謎が解けましたが、
商品名としてそのど直球な長さはいかがなものか(笑)。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4
2016
10.01

彼女の瞳

IMG_1126aa.jpg



彼女の瞳、春のすみれ色。



IMG_1127aa.jpg



彼女の瞳、澄んだ水色。



IMG_1147aa.jpg



彼女の瞳、夜空の紺色。



IMG_1166aa.jpg



彼女の瞳、夏のブーゲンビリア色。



IMG_1136aa.jpg



- あのお店、お休み~。



IMG_1142aa.jpg



- あっちのお店も、みんなお休み~。



IMG_1163aa.jpg




- どこも軒並みお休み~。



IMG_1151aa.jpg



- それじゃ、わたしもお休み~。



Ferie....ferie...ferie.........
il pomeriggio di ferragosto...



------------------------------------



8月15日でしたからね、この写真撮ったの・・・(;´д`;)

日本ではお盆ですが、
イタリアでもこの日はフェッラゴスト(聖母被昇天祭)といって、
大切なカトリックの祝日です。
この日を前後にした数日間はほとんどのお店が閉まり、
通りにはぱったりと人の姿がなくなるので、
真昼間から堂々とブライスを出して、
アイを変え、ポーズを変え、近所の道でのびのび撮りました(・∀・)

・・・で、それを10月に入った今頃載せています(=∀=)

マルティーナさん(テーラーギブソン)は、ほんとうに可愛い。
初期ラディエンスの子って、
ちょっともっさりして垢抜けないところがあったりもしますが、
じわじわくる可愛さがありますね。
全色スペシャルカラーの瞳、どの色もみんなお気に入りです。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0
2016
08.02

公園で木登り

IMG_0107aa.jpg



- 木登りなんて
 今までやったことがないけれど・・・



IMG_0110aa.jpg



- やってみようかなー?



IMG_0116aa.jpg



- よいしょ よいしょ。



IMG_0120aa.jpg



- けっこう高いねー!



IMG_0127aa.jpg



- でも、ちょっと気持ちいい♪
(まあ!まあ!そんなにお顔をテカらせちゃって!(・∀・) by縫い子)



IMG_0142aa.jpg



- こわいかなって思っていたけど・・・



IMG_0147aa.jpg



- 木登り、楽しいね♪



Al parco di Vittorio Formentano.
C'è una che si arranpica...!!



---------------------------------------



そうだよ、マルティーナさん(テーラーギブソン)。
外撮りのブライスさんといえば、木に登るものだからね!(・∀・)

いつもは行かないエリアにある公園なのですが、
たまたま立ち寄ったらステキに登らせやすそうな木があったので、
外撮りの定番(?)、木登りブライスさんです。

その後、この公園をググってみたら、
いい感じの噴水とか
リバティー様式の素敵な建物とかもあることが分かったので、
また今度ゆっくりと撮りにこよう・・・。
新しいカメラにだんだん慣れてくると、
撮影がとっても楽しいです(*^∀^*)

ときどきピントが合ってない写真とか撮っちゃいますが、
経験値、経験値(・∀・)b
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2
2016
07.26

湿度

IMG_9824aa.jpg



- 湿度23%だって。



IMG_9828aa.jpg



- 空気、乾いてるなー。



IMG_9832aa.jpg



- お肌の乾燥、注意報だね。



Estate mediterraneo...
L'umidità al 23%!!



-------------------------------------



マルティーナさん(テーラーギブソン)のお肌は、
いつでも乾燥知らずのツルテカでいいね~。(・∀・)

このところ、室内温度は27℃前後と冷房もいらずな毎日なのですが、
湿度がっ!!(><)
顔はもちろん、手や足がカッサカサに乾きまくりです。
(ニベアぬりまくり・・・)

近年、気温が38℃近くまで上昇するのにともなって湿度もあがり、
プチ亜熱帯みたいな気候になってきたイタリアですが、
本来はこういう気候だったのですよね・・・と、
イタリアに住み始めた頃を思い出しました(約15年前)。

陽射しは強いけど湿度が低いので日陰に入れば涼しいという
地中海性気候というやつですね。
高温多湿の日本の夏を思えば、幾分過ごしやすいとはいうものの、
汗をかいたことすら自覚できないスピードで水分が失われていくので、
脱水症状要注意なイタリアの夏です。
(縫い子談)


<おまけ>
きつねにじゃれるにゃん坊氏(ニャンボー)。
↓↓
IMG_9834aa.jpg


<おまけ追記>
この記事を書いておいたのは先週だったのですが、
今週に入ったらふたたび気温も湿度も上昇。
(・・・といっても湿度はまだ30%くらいですが)
どのみち脱水症状注意な夏のイタリアです。

・・・日本は湿度80%越えとか!!(@Д@)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。