--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.27

ドール・コンベンション・・・?

Category: 未分類
昨年は行きそびれたので、今年こそ!
・・・と意気込んでいる、イタリアのドールイベント。

その名も、イタリアン・ドール・コンベンション。

こちら、その2015年度版の予告動画・・・なのですが・・・。
↓↓↓




※この動画、日本では視聴できないようです・・・
使用されている曲か何かの著作権がひっかかるのかな?
↓のリンクを直にクリックしていただくと見られるのではないかと思うのですが、どうかな?

https://www.youtube.com/v/o8k6L1ERQq0

・・・爆笑してしまいました!!(≧∇≦)
ドールイベントなのに、食べ物ばっかりじゃん!!

今年、ミラノで開催される万博EXPO2015のテーマが“食とエネルギー”だから、
というのは分かるんですが、これ、食べ物にスポットあたりすぎでしょう!!

イタリア人の食べ物に傾ける情熱ったら、すごいですからねー。
イタリア人が何人か集まって、食べ物が話題にのぼったとたん、
ほぼ全員の目がキラーーーーンッッ!!って光りますから(←マジで)。

そして、ひとつの食べ物について、
自分ならこう調理する、どこそこで食べたときはこうであった、云々・・・

訊かれてもいないのに、各自が意見をとうとうと述べ始める。
その辺に居た人も、いつの間にか会話に参加してくる(笑)。
・・・で、1~2時間がかる~く経過します(爆)。

イタリア人との会話に困ったときは、食べ物ネタをふれ!!
というマメ知識でした(←何の役に立つのか?)。

国民の大半がこれだけ情熱を注ぐのだから、イタリアの食べ物が美味しいわけですね。。。


こちらは、昨年のイタリアン・ドール・コンベンション2014の動画。
BGMが日本の曲です(笑)。
0:44くらいからのバービーのファッションが、とっても素敵です。
(さすがはモーダの国イタリア、という感じ♡)




というわけで、5月半ば開催のイタリアン・ドールイベント。
行くのがとっても楽しみです。

オトモブライスさんは、どの子にしようかな?
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2015
03.22

マルゲリータ

IMG_1700a.jpg



- 外の空気は、もうやわらかいわね。



IMG_1696a.jpg



- マルゲリータのつぼみも、ずいぶんほころんできたわ。



IMG_1695aa.jpg



- 緑のじゅうたんの上に、いっせいに白い花を咲かすまで、あともう少しね。



- Le margheritine stanno sbocciando...
 i passi della primavera si stanno avvicinando.



-------------------------------------



イタリアに住んでいて、“春が来たなあ~”と感じる兆候がふたつあって、
ひとつは、マルゲリータと呼ばれる、この小さい白い花が咲くこと。

この花は、春の訪れとともに、いっせいに開くので、
緑のじゅうたんの上に、白い水玉模様が広がっているように見えます。

ひとつひとつは小さくて地味~~な花なんですが、
いっせいに咲いているところには、なんだか力強さを感じます。

ちなみに、ふたつ目の兆候とは・・・

人々がジェラートを食べながら闊歩するようになること(笑)。

ちょっとくらい肌寒く感じる日でも、陽射しの中に春を感じたら、
老若男女、イタリア人のお散歩にはジェラートは欠かせないらしく(笑)。

スーツを着た気難しそうなおじさんや、小太りのおじいさんや、
帽子やスカーフをおしゃれに身にまとったおばあさん達も連れ立って、
美味しそうにジェラートをぺろぺろなめながら歩いている様子は、とっても微笑ましいです。
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2015
03.20

春を告げる花

IMG_1720a.jpg



- むせかえるような香り・・・。



IMG_1726a.jpg



- 春を告げるミモザ。



IMG_1729a.jpg



- 長い冬が終わるのね。



- La mimosa che ci avvisa del arrivo della primavera...



----------------------------------



イタリアでは、“春を告げる花”として知られているミモザ。
マンション中庭のミモザの木が満開だったので、一枝貰ってきました。

ミモザは、3月8日の“女性の日”のシンボルフラワーとしても知られています。

この日、男性は身近な女性にミモザの小枝をプレゼント、
女性たちは家事から解放されて、女だけでレストランでおしゃべりを楽しむんだそうな。
(カップル文化が定着しているヨーロッパでは、女性だけのグループで
レストランでワイワイ盛り上がるって、この日を除くとあんまり見ない光景です)

・・・このネタ、3月8日にタイムリーに更新したかったのですが、
今頃になってしまいました。(^ ^;)

ちなみにミモザ。
花が咲いている間は、とてもいい香りなのですが、
花が終わるとその香りがなぜか“糠漬け風”に変わる・・・と感じるのは私だけかしら。

ミモザを飾った数日後は、
白いご飯にきゅうりの漬物が食べたくなってたまりません(爆)。
(ニッポンジンだなあ~~:縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2015
03.19

大切なものは・・・

IMG_1634a.jpg



- チョコレートを貰ったわ。
(ん?一粒足りないよ・・・もう食べちゃったの? by縫い子)



IMG_1635a.jpg



- 大切なものは、この箱の中にしまっておきましょう。



IMG_1636aa.jpg



- ・・・・・・・・・・(うとうと)。



IMG_1637aa.jpg



- なんだか、あたたかいわ。



IMG_1639aa.jpg



- ・・・・・・・・・・・・・。



- I miei tesori.... teniamoli in questo cofanetto...
(Ma sono i cioccolatini.... i tuoi tesori?)



---------------------------------



骨董市で、ウッカリ(笑)買ってしまったもの。

象眼細工の施されたオルゴール付きの宝石箱です。
箱を開けると、中はアンティークらしく(?)それなりに年季の入った感じですが、
(つまり・・・ちょっとキタナイw)
ノスタルジックな響きのオルゴールの音色が気に入ったこと、
小さな鍵がついていてちゃんと閉まることが決め手で、買っちゃいました。

こういう小さな鍵って、きっと無くなる率が高いんでしょうね。
いくつかのお店をまわったのですが、鍵付きで売っていたのはこの箱だけでした。

ルサルカさん(マンディコットンキャンディ)が眠りながら感じたあたたかさ。
たくさんの人の手を渡ってきた骨董品だから、
以前の持ち主の思い入れがぬくもりになって、なんとなーく残っているのかな。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2015
03.17

ナヴィリオ骨董市 その2

IMG_1505a.jpg



- ローズマリーの植え込み。
 ほのかに、いい香り・・・。



IMG_1502a.jpg



- レストランの店先の植え込みだったの。
 “白うさぎ亭”ですって。
 どんなお料理が出てくるのかしら?



IMG_1531a.jpg



- ナヴィリオ運河地区は、かつては庶民が暮らしていた地区。
 でも今は、昔ながらの住宅を再利用したおしゃれなレストランやパブ、
 アーティストのアトリエが並んでいるの。



IMG_1537a.jpg



- 昔のナヴィリオ界隈の様子を再現したミニチュア額があったわ!

 “カーザ・ディ・リンギエーラ(=手すりのある家)”といって、
 建物の2階以上に、リンギエーラ(手すり)のついた細いバルコニーが張り巡らされて、
 各アパートの玄関に入れるようになっているの。
 昔のミラノでは、これが典型的な庶民の住宅スタイルだったんですって。



IMG_1539a.jpg



- 1階は、レストランとか、お店になっているのね。
 “LOCASI”って扉に書いてあるわね。
 ふふふ、ここは売りに出されているってことね



IMG_1538a.jpg



- おとなりは、八百屋さん。



IMG_1540a.jpg



- 反対側のおとなりは、レストラン。
(この“TRATTORIA MILANESE”というレストラン、現存します。 by縫い子)



IMG_1542a.jpg



- レストランの上のアパートの玄関。
 扉の横にマリア様の聖像が祀ってあるわ。
 ここに住んでいた人は、きっと、とても信心深かったのね。



IMG_1518a.jpg



- 午後の陽がおちてきたわね・・・。



IMG_1526a.jpg



- オペラ歌手のブロマイドも売っていたわ。
 昔は、オペラ歌手が芸能界のスターナンバーワンだったのね。
(さすがオペラの国イタリア!! by縫い子)



IMG_1546a.jpg



- 陶器でできたお人形さんたち。



IMG_1553a.jpg



- みんな、可愛いお顔をしているわ。
 はやく、おうちにお迎えしてもらえるといいわね。



- Ancora al merocato dell'antiquariato.
 Spero che queste belle bamboline possanno trovare nuova casa più presto possibile...!



------------------------------------



ナヴィリオ骨董市のお散歩。
ぜんぶをじっくり見てまわるのは、意外と時間がかかります。
昼食後に出かけましたが、18時前には店じまいし始めるところも多くて、
今回は、7割くらいのお店しか見ることができませんでした。

ちょっとした小物なんだけど、
『うわーー、これなに?!可愛い!欲しい!』
というものも多くて、誘惑と闘うのにも必死(笑)。

ドールアウトフィットに使えるような繊細で幅の細いレースを
扱っているお店が1軒しかなかったのが残念でしたが、
毎月開催されることですし、また行ってみたいと思います。

レストラン“白うさぎ亭”も、雰囲気よさげ。
ちょっとお値段高そうだけど、いつか食べに行ってみようかな・・・。

えーー、誘惑に負けて、2点ほど買っちゃったものがあります。(^ ^;)
ブライスと絡ませて、またブログでご紹介します。
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2015
03.16

ナヴィリオ骨董市 その1

IMG_1499aaa.jpg



- 今日は、ナヴィリオ運河で骨董市が開かれる日だから、来てみたわ。
(縫い子注:撮影は2月最終日曜日に行いました。タイムラグすみませんm(_ _)m)



IMG_1469a.jpg



- 毎月最終日曜日に、運河のあるナヴィリオ地区で開かれるの。
 この日は朝、雨が降っていて、今月は中止かと思ったけど・・・

 雨が上がったら、強いお日様の光!



IMG_1465a.jpg



- アンティークレース。
 縫い子さんがレースを買っていたわ。
 新しいお洋服につけてくれるのかしら。



IMG_1468aa.jpg



- ボタンやバックルもあるわね。



IMG_1483a.jpg



- この家具は、ミニチュアなの。
 でも、ちゃんと家具職人さんが作ったもので、
 昔は、家具屋さんが職人にミニチュアを作らせて、
 カタログ代わりにしていたんですって。



IMG_1476a.jpg



- お人形さんのお洋服。
 ・・・わたしには、だいぶ大きいようね。
(このデザインは素敵! by縫い子)



IMG_1479a.jpg



- このベッドも、お人形さん用ね。
(ブライスだったら、ずらっと横に並んで5~6人は寝られそうだね♪ (*´ω`*) by縫い子)



IMG_1508a.jpg



- このお店は、ガラス製の器を扱っていたわ。
 お日様がきらきら反射して、とっても綺麗・・・。



- Il mercato dell'antiquariato sul Naviglio.
 Il vestitino di bambola... mi piace ma sembra che sia troppo grande per me!!



-------------------------------------------



ちょっと前の出来事になってしまいますが、骨董市に出かけてきました。
(タイムリーに更新したかったのですが、ヴェネツィア旅行記が全然終わらなくて・・・汗)

あまり知られていないのですが、
その昔のミラノも、ヴェネツィアのような運河の街でした。
現在は、ほとんど地下に埋められてしまいましたが、
ナヴィリオ地区にだけはかつての姿が残っています。

宮崎駿の『紅の豚』をご覧になった方は、
ポルコが飛行艇を修理に出す場面を覚えていらっしゃるでしょうか。
あの修理工房があるのが、ナヴィリオ地区。
まだミラノの街中にも運河が残っていた時代で、夫があの映画を見たとき、
“古き良きミラノ”の風景がとても正確に描きこまれている背景画に感動していました。

アンティークのミニチュア家具。
とても良くできていて、感心して眺めていたら、お店のおじさんが
“オモチャではなく、宣伝用のミニチュアだよ”と教えてくれました。

そういわれてみれば、ビスクドールも、
もともとは洋服サンプルのミニチュアモデルとして作られたのが発端でしたね。
ヨーロッパのミニチュア文化は、なかなか奥が深くて興味深いです。
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2015
03.15

お湯パーマ

IMG_1412a.jpg



- わたし、パーマをかけたの。
 お願いしたのは、サロン・コックピットよ。



IMG_1415a.jpg



- どうかしら。



IMG_1417a.jpg



- すこし、ふわっとしたかしら。



IMG_1420a.jpg



- 髪がきれいになって、嬉しいわ。
(そうだよね、春だもんね♪ by縫い子)



- Mi sono fatta a fare la permanente.... come mi sta?



--------------------------------



髪色は、とーーーーーってもお気に入りなのに、
うちに着いたときからパーマがほとんどとれていて、
毛先パサパサのダメージヘアみたいだったアーニャさん(マトリョーシカメイデン)。

どうしたらよいものか・・・と悩んでいたところ、
いつも私の笑いと萌えのツボを直撃する大好きなブログ、“もこもこー”にて
お湯パーマの記事を読み、さっそく実行してみました。

該当記事にて紹介されているこちらのブログの手順に従い・・・

結果は、大満足!!

ティッシュパーマ、手軽にできて、とっても良いです。
おすすめです。
(イタリアはティッシュが高いので、ちょっとだけ良心が痛みますが・・・苦笑)

“もこもこー”のまーさん、勝手にリンクしてしまいました。m(_ _)m
サロン・コックピットのトップスタイリストはマト子さん。
そこに(同じマトリョーシカメイデンの)アーニャがお邪魔して
パーマをかけて貰うの図、を想像したら爆笑萌えでした~。
(縫い子談)



--------------------------------



IMG_1404a.jpg

ご使用前のアーニャさん。
“おばけじゃないわよ”・・・だそうです。(^ ^;)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:6  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。