FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.16

YAKISOBA - サイケボーン!

IMG_3071aa.jpg



- 今日は、美味しいものを紹介しまーす。



IMG_3072aa.jpg



- インスタントのYAKISOBAだよー!



IMG_3077aa.jpg



- 赤い方は、ビーフ味。



IMG_3078aa.jpg



- ビイーーーーーーッ   フッッ!!
(なに・・・?その気合い・・・? by縫い子)



IMG_3079aa.jpg



- 黄色い方は、チキン味だよ。



IMG_3080aa.jpg



- SAIKEBONってなんだろうね?

 サイケ盆?

 サイケ本?



IMG_3088aa.jpg



- サイケボーン??



IMG_3089aa.jpg



- お湯を入れたら、3分でできるよ。



IMG_3094aa.jpg



- 3分♪  3分♪



IMG_3095aa.jpg



- おてもと♪  おてもと♪



Yakisoba istantanea di SAIKEBON.
Vediamo come hanno realizzato il gusto orientale!!
 



----------------------------------------



ここ何年か、日本食が大流行のイタリア。
スーパーマーケットにインスタント焼きそば登場。

これは、STARというイタリアのコンソメメーカーが製造している
SAIKEBONというカップヌードルシリーズの中の焼きそば、否、YAKISOBAです。

サイケボンって、いったいなんでしょうね??

・・・と思っていたら、夫による回答。

イタリア語の 『(これ/それ)美味しいの、知ってる?』 という意味のフレーズ、

Sai che è buono? (サイ ケ エ ブオーノ?)

サイケボーノ? → サイケボン?

ってことらしいです。

サイケボーン!!
なんか、語感がいいな。 ボーーーン!!(笑)

IMG_3098aa.jpg

作り方は、きわめて一般的。
お湯を注いで3分、湯きりをしてソースを混ぜたら、できあがり。

IMG_3100aa.jpg

お味は・・・

意外とイケます!
日本のソース焼きそばというより、オリエンタルフードっぽい味。
東南アジアのどっかの国の路上で食べられていそうな・・・。
パクチーをトッピングしたいかも?

うんとオイリーで化学っぽい味かなあ~と思いきや、意外とあっさり。
コンソメメーカーが作っているだけあって、ベースとなる味にはこだわっているのかも?

香港製の“出前一丁”とか、中国製の“謎インスタント麺”に比べると、
外国製のインスタント麺食品としては、きわめてまっとうです。



もっとも・・・

このCMを見る限り、SAIKEBONがこだわったのは、
オリエンタルヌードルではなく、あくまでもジャパーンのヤキソーバのようですが・・・

いろんな意味で・・・なんか間違っています(笑)。
つまり、SAIKEBONのお味も、イメージ的にはこーいうことです(←大雑把な説明)。

飼い犬のビーグルちゃんが、ドラゴンみたいな妙なお洋服を着て
ヨチヨチと画面を横切る様子にたいへん萌えました(*´ω`*)
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2015
08.14

ミラノ万博 EXPO2015(5)

IMG_2983aa.jpg



- 万博会場のメインストリート。
 一日の入場者数が決まっているから、
 混みすぎることがなくていいね!



IMG_2986aa.jpg



- エクアドル館のマスコット、
 アオアシカツオドリのブービー!!

 ずっと画面の中でダンスしてて、可愛いの。



IMG_2991aa.jpg



- エクアドル館で買ったお土産。
 フルーツのソースなのに、すっごーく辛いんだって!

 わたしは、辛いの苦手―。
(夫親友氏が買っていました・・・ by縫い子)



IMG_2998aa.jpg



- エクアドル館のごはん。

 椰子の芽とアボカドのセビチェと、大粒トウモロコシの素揚げ。
 えびのココナツソースと、揚げたプラタノ。
 プラタノっていうのは、甘くないバナナみたいなやつ。

 えびがぷりっぷりー。
 エクアドルは、世界のえび製品の75%を生産しているんだって。
 えび大国だったんだね。

 みんなとっても美味しかったーーー!



IMG_3002aa.jpg



- でも・・・

 本当によく食べるよね・・・



IMG_3005aa.jpg



- 最後は、日本館でごはん。
 おそばと天むす。
 キティちゃんが、お箸の使い方とか、『いただきます』『ごちそうさま』を
 説明してくれてるパンフレットを一緒にもらったよ。
(写真撮りそびれちゃった・・・汗 by縫い子)

 でも、展示スペースはもう閉館しちゃってて残念だった!
 日本館は、今回の万博で一番人気みたいだよ。
 いつも、すっごく人が並んでいるんだって。



IMG_3006aa.jpg



- えーー、日本館でごはんは終わりじゃなかったの?!
 トルコ館でまた食べるの?!

 ・・・でも、どれも美味しかったんだね・・・。
 日本館でお腹いっぱいになったとか言っていたのに、
 ぜんぶ食べちゃってたよ。

 トルコのごはんって、そんなに美味しいんだね!
(そうだよー、トルコ料理は世界三大料理のひとつといわれているくらいだもの!(*゚∀゚) by縫い子)



IMG_3010aa.jpg



- トルコ館のお土産・・・

 ロクムっていう甘いお菓子。
 バラの香りなんだって。
(私は普通の味でよかったのですが・・・夫の主張によりバラ味をチョイス・・・ by縫い子)



IMG_3013aa.jpg



- えーーー、さっそく開けて味見しちゃうの?

 トルコ・コーヒーと食べたかったんだって!
 トルコ・コーヒーは、とーーーーっても苦いから、
 甘いお菓子をつまみながら飲むのがいいんだってー。



IMG_3029aa.jpg



- これで、ようやくおしまい!
 おうちに帰るよー。
 よく歩いたね!



All'EXPO2015 a Milano.

Ai padiglioni dell'Ecuador, del Giappone e della Turchia.
Il seviche di Ecuador è davvero scuisito....



----------------------------------------



“食の万博”、ミラノ万博2015。

オトモブライスにマルティーナさん(テーラーギブソン)を連れて、
開場の朝10時から、閉場の23時まで、だらだら食べ続ける一日でした。

なんか、最後には、妙な“やり遂げた感”が・・・(笑)。

帰る頃にはお腹パンパンになるかと思いきや、
常に歩きながら少量をちょびちょび食べていたせいか、
『まだまだ食べられるな!』と思いつつ、会場を後にしました。
(食欲よりテンションの方がおかしくなるw)

展示で興味深かったのは、エクアドル館。
エクアドルは、赤道が通過しているあたりにある南米の国で、
ガラパゴス諸島がある国。
あー、ガラパゴス諸島って、エクアドルにあったんだー!
とか無知をさらけ出して、夫と夫親友氏に若干呆れられる・・・(汗)

ガラパゴス諸島っていえば、ゾウガメやイグアナなど
変わった動物だらけの島という認識でしたが、
島のマスコット的存在のアオアシカツオドリにちょっとやられちゃいました。


IMG_3029bbbb.jpg
↑↑
なんなの、このおとぼけ顔とガニマタ気味の脚は!!

そいでもって、このアオアシカツオドリ、
求愛行動として片足を交互にあげるダンスをすることで有名なのですが、


↑↑
なんかずっとおとぼけ顔で、ノーンビリした求愛行動・・・
求愛しながら、よそ見とかしちゃってるし・・・(*´д`*)
でも、地面の小枝かなんかを拾って、プレゼントとかしちゃってるし・・・(*´д`*)

エクアドル館のアニメ、動画も見つけましたが・・・
↓↓

実際は、全然こんなふうにリズミカルなノリノリ☆ダンスではありません!!(爆)


・・・・ガラパゴス諸島、いちど行ってみたい。


エクアドルに限らず南米諸国で食べられるセビチェというマリネ、
具はおもに魚介類ですが、野菜の場合も。
レモン/ライム、トマト、タマネギ、コリアンダー(パクチー/香菜)などで
味付けされもので、これが、実っっに美味しい
もっと食べたかったなー。

いちど行ってみたいといえば、トルコも憧れの国。
西洋と東洋が常に行き交っていた歴史背景、
美女と美食と美モザイク(←モザイク模様好き)。
中にクリームチーズが入ったうずまき型のパン、美味しかったなー。


今回、訪れそこねましたが、
ロシア館(←ロシア料理・・・ロシア文化・・・惹かれる・・・)
ウルグアイ館(←今回の万博で一番おいしい肉料理を提供していると評判)
ジンバブエ館(←目玉はなんとワニ肉!)

特に、ジンバブエ館、ワニ肉が好評すぎて売り切れてしまい、
故郷に再発注したワニ肉が届くまで、ジンバブエ館は閉館してました(!)。
ワニ肉って、そんなに美味しいのか―――( ;゚Д゚)


・・・世界の広さをあらためて認識した万博体験でありました。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2015
08.12

ミラノ万博 EXPO2015(4)

IMG_2946aa.jpg



- アゼルバイジャン館に来たよー。
 わたしの瞳の色とおんなじ、紫のお花がいっぱい!



IMG_2940aa.jpg



- このお花、雄しべの部分にタッチすると光が増すんだよ。
 きれいだなー。
(これ、おもしろくて何度もタッチして遊んでしまいましたw by縫い子)




IMG_2947aa.jpg



- アゼルバイジャンの伝統食は、いろんな野菜の酢漬けなんだね。
 瓶詰の保存食文化が発達している国みたい。



IMG_2953aa.jpg



- 飲食コーナーは、おしゃれなカフェになっていて、
 そこでサフランティーを飲んだの。

 甘いのかと思ったら、甘さはなくてすっきりした味だった!
 おつまみに胡桃を出してくれたよ。



IMG_2952aa.jpg



- チューリップ型のグラスがとってもおしゃれ!
(このグラスセットも欲しいなあ~ by縫い子)




IMG_2955aa.jpg



- 縫い子ちゃんのダンナさんのお友達が、
 『のど乾いたでしょ』
 って、サフランティーを飲ませてくれたよ。

 優しいなー。
(夫親友氏はドール者でもなんでもないフツーの青年ですが、このノリの良さw by縫い子)



IMG_2958aa.jpg



- “スパイスの国々”

 アフガニスタン、ブルネイ、タンザニア、バヌアツ、太平洋諸島フォーラム、
 マーシャル諸島、ソロモン諸島、キリバス、ナウル、ニウエ、
 パプアニューギニア、サモア、トンガ、ツバル

 いろんな国がいっぱいあるねー!
(初めて名前を知る国も、名前は聞いたことがあってもどの辺にあるのか知らない国も、
いろんな国名が並んでいると、なぜか旅情が増してワクワクするー by縫い子)




IMG_2964aa.jpg



- オランダ館。

 これは、ハーリングっていう生ニシンだよ。
 オランダのポピュラーなストリートフードで、
 縫い子ちゃんの大・大・大好物なんだって。
(そうだよーーーう!!私はこれを食べに万博に来たようなものだもの!!(*゚∀゚) by縫い子)


 オランダといえば、ハイネケン・ビールだね。



IMG_2973aa.jpg



- 未来型スーパーマーケット館。

 入口のところで写真を撮っていたら、係りのおばさんがやってきて、
 わたしのブーツを褒めてくれたよ。



All'EXPO2015 a Milano.

Ai padiglioni dell'Azerbaigian, dove abbiamo provato il tè di zefferano,
dei Paesi Bassi, dove abbiamo provato l'aringa cruda,
e del supermercato del futuro.

Sempre un gran giro del mondo con i sapori!!




-------------------------------------



まだまだミラノ万博つづきます。
オトモブライスは、マルティーナさん(テーラーギブソン)。

イタリア人のお茶目さをかいま見る、の巻。

夫親友氏は、
テーブルの上のマルティーナさんにお茶を飲ませようとしてくれるし(笑)、
未来型スーパーマーケット館では、係りの女性が、
『あらあら、こんなお天気(けっこう大雨)で、
この子だけがちゃんとブーツを履いてきたのね!私達はこんな靴なのに!』
だなんて言ってくれるし(*^ ^*)
(彼女はサンダル履き、私達もスニーカーとか普通の靴、みんな足元ぐしょぬれ)

夫親友氏も、係りの女性も、もちろんいいオトナですが(笑)、
わりと真面目にお人形を見ながらこんな会話をしてくれるので、
イタリア人ってホントに陽気でお茶目な国民性だなーと感心してしまいます。
きっと頭の中がヤワラカくて、いい意味で童心を忘れない人々なんだろうな。

(あ、当然ですが、ギョギョっという顔でガン見していく人もいますが・・・
その反応すら正直で微笑ましいw)


未来型スーパーマーケットというのは、
基本的には普通のスーパーなのですが、
商品陳列棚の上に手をかざすと、
それぞれの商品の値段や特性、カロリーなんかがモニターにあらわれるという
ちょっとSF映画っぽいところでした。

売ってる商品は、その辺のスーパーと一緒なんですけどね。
スーパーそのものがCOOPだし・・・(笑)
疑問なのは、万博まできてこのスーパーで日常食品買ってく人がいるんだろうか・・・と。
(レジはそれなりに人がいたようですが)


それにしても、オランダ館のニシン、うまかったなーーーー!!!
このニシン、オランダでは路上でいっくらでも安く立ち食いできるのに、
万博ではオシャレなお皿に盛られて万博値段になっていて、
1匹分しか食べられなかったのが、くううーー、心残り・・・(><)

(オランダのニシンが好き過ぎて、語らせたらウザいくらい語っちゃいそう!!
 縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2015
08.11

ミラノ万博 EXPO2015(3)

IMG_2902aaa.jpg



- 万博会場のメインストリート。
 さっきは大きな八百屋さんのオブジェがあったけど、
 ここは養豚場のオブジェだね。

 子豚ちゃん、可愛いな。



IMG_2903aa.jpg



- でもね・・・
 養豚場の隣は、お肉屋さんのオブジェなんだよね・・・

 うん・・・
 豚さん、お肉になってくれて・・・
 ありがとう・・・
(最初、うわあシュール(;゚Д゚)…と思いましたが、私達が生きるために他の生物の命を奪うのは事実であり…
シビアですがこのフラットなスタンスはある意味イタリアっぽいと思いました。 by縫い子)




IMG_2904aa.jpg



- 中国館のエントランスは、
 マリーゴールドのお花がいっぱいだったよ!



IMG_2908aaa.jpg



- 中国の狛犬さんと記念写真を撮ってもらってたら、
 雨が降ってきたーー!!
(狛犬なのかな?獅子なのかな? by縫い子)



IMG_2913aa.jpg



- 中国館の中では、映画を見たよ。
 中国の春のお祭りで、みんなが帰省するっていうお話。



IMG_2921aa.jpg



- 中国館では、ごはんはパスだってー。
 美味しそうだったけど、
 中華料理ならミラノの中華街でも食べられるからって。

 万博では、訪れる機会はまずないであろう国々のごはんを
 優先的に食べることにしてるんだってー! 

 アルゼンチン館でも、ごはんはパス。
 縫い子ちゃんは、アルゼンチンの牛肉を食べたかったみたいだけど、
 お肉は出してなかったの!
(ムキーーー!!肉食大国アルゼンチンの美味しいビーフを食べたかったのに!! by縫い子)



IMG_2926aa.jpg



- ウズベキスタン館。
 民族衣装のお人形さんと、カラフルな手描き陶器。



IMG_2927aa.jpg



- きれいだね!
 縫い子ちゃんが、お土産に買ってた。
 とっても軽いんだって。
(こういう手描き陶器に目がないのです・・・>< by縫い子)

 ウズベキスタン館のお兄さん、感じがよくてハンサムだったな~♪
(ちょっとエキゾチックな甘いお顔の東洋系の青年でした! by縫い子)




IMG_2925aa.jpg



- 縫い子ちゃんが陶器を買っている間、
 縫い子ちゃんのダンナさんとダンナさんのお友達は、
 ウズベキスタンのスナックを食べてた。

 あまじょっぱい揚げ餅みたいなもの。
 ホントによく食べるよねー。



IMG_2935aa.jpg



- ガンビア館。
 ガンビアって、初めて名前を聞いた国だよ。
 西アフリカの小さい国なんだって。

 食べたのは、バナナなんかのいろんな揚げ物とバオバブのジュース。
 すごく珍しい食べ物だね。

 でも、とっても美味しかったみたい!
 パビリオンの人達も、親切だったよ。



All'EXPO2015 a Milano.

Ai padiglioni della Cina, dell'Argentina, dell'O'zbekiston, e della Gambia.
Ciò che ho assaggiato alla Gambia,
i fritti di banana e verdure ed il succo di baobab,
i sapori totalmente nuovi ma sono molto buoni!!



------------------------------------



ブライスを連れての、ミラノ万博。
オトモは、テーラーギブソンのマルティーナさん。

『食とエネルギー』がテーマの万博で、世界の食べ物を食べまくりです。

買い食いにお金を使わざるを得ないから、
極力お土産を買うのはやめよう・・・と思っていたのに!!

ウズベキスタン館で、物欲に屈してしまった・・・orz

ウズベキスタン。
中央アジアあたりにある国だよね~程度の知識ですが、
さすがはシルクロードの国。
東洋と西洋が混じるエリアは、装飾文様なんかが実に魅力的です。

また“人種のるつぼ”とも呼ばれるとかで、
相手をしてくれたパビリオンの方達が、
東洋系、スラブ系、アラブ系(?)と多種多様だったのが印象的でした。

中央アジアとか、シルクロードとか聞くと、
すぐに“騎馬民族”とか連想しちゃうんですが(←単純)、
民族衣装をまとった人々が馬を駆って草原を駆け抜けていく様子などを
妄想するとすごーーーくワクワクしてしまいます。
(もっともwikipediaによると、
ウズベキスタンの起源はシルクロード上のオアシス国家であって、
遊牧民族国家というわけでもなさそうですが・・・どうなのかな?)

中央アジアの国々・・・
う~~ん、いつか旅行してみたいなあ。
(そのあたりが似合うオトモブライスというと、いったい誰であろうか・・・)

そして。
ザンビアなら知っているけど、ガンビア??
・・・と、なんとなく惹かれて入館したガンビア館。

入ってみたら、人々がとても礼儀正しく、かつフレンドリー&親切で、
展示してある食べ物にもなんとなく惹かれるものがあって、
夫&夫親友氏は尻込みしていましたが、
(←その前のウズベキスタン館で食べていたから)
私は食べてみることにしました。

バナナって甘い果物というだけでなく、いくつか種類があるのだと思います。
ここで食べたバナナのフライは、甘すぎることなく、
どことなくおイモっぽいホクホク感があって、実に美味しかった。

飲み物も、バオバブ、タマリンド、ジンジャーなど、いろんな種類があったのを、
ぜんぶ試飲させてくれて、とても親切でした。

ガンビアって、どこにあるのか知らないどころか、
そもそもそんな国があることすら知りませんでしたが(すみません・・・)、
このように人々の親切さに触れ合えたり、食べ物に興味が出たりすると、
国そのものについても知りたいと思うようになるし、
これはいかにも万博らしい、いい経験でした。

ガンビアか~~。
いつか訪れるなんてことがあるだろうか?!
そしてアフリカが似合うオトモブライスは・・・?!?!
(←これは、セイブジアニマルズ一択ですね!!・・・うちにはいないけどw)
(でも、アフリカはいろんな意味でアクセスが大変だからな~>< : 縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
2015
08.07

ミラノ万博 EXPO2015(2)

IMG_2863aa.jpg



- ラオス館に来たよー。
 お人形さん達、わたし達ブライスと同じポーズしてる!
 親近感、わいちゃうなー。
(飾ってある女性像?なにげにブライスの基本姿勢みたいなポーズで並んでて
ちょっと笑ってしまいました。カワイイじゃないかっ!! by縫い子)




IMG_2870aa.jpg



- ラオスは、お米の国なんだね。
 とってもいい香りのお米、たくさんの種類があったよ。
(日本米とは全く別物ですが、東南アジアの香り米けっこう好きです♪ by縫い子)



IMG_2874aa.jpg



- ラオス館の外には、稲が植わってた。
 青々しているね!



IMG_2876aa.jpg



- お米を作っている国々のパビリオンに続いて、
 カカオの生産国パビリオンが並ぶエリア。

 “お米とチョコレート”エリアは、今回の万博の目玉のひとつなんだって。

 チョコレートの甘い匂いがするよーーー!!
(なんか・・・目が光ってますよ・・・さては甘党だね? by縫い子)



IMG_2879aa.jpg



- 『カカオがチョコレートになるまで』を説明した大きなパネルがあったけど・・・

 誰も読んでいる人、いなかったよ。



IMG_2887aa.jpg



- だって、みんな、このエリアにたくさんあるチョコ製品の屋台で
 お買い物と試食してるんだもん!



IMG_2888aa.jpg



- わたしも、いっぱい試食したかったのに―。



IMG_2882aa.jpg



- ちょっとだけしか、貰えなかった。
 えーい、柱に八つ当たりしちゃう!



IMG_2891aa.jpg



- イタリアの老舗チョコレート屋さん、
 カファレル(Caffarel)社のクラシックリムジン。



IMG_2892aa.jpg



- ちょっと乗せてもらっちゃった♪
(付属のオブジェだと思われて、通りがかりに写真を撮られるマルティーナさんw by縫い子)



IMG_2897aa.jpg



- マレーシア館で。
 お肉の串焼き、サテ。
 椰子の葉っぱにくるんだアヤム・パンダン、中身は大豆餡。
 ちょっとだけスパイシーだけど、香りが残る不思議な味。

 それから、マンゴープリン。
 ちゅるんとしてて、美味しかったーー!



IMG_2900aa.jpg



- マレーシアのごはんは、
 甘いピリ辛チリソースで食べることが多いんだね。



All'EXPO2015 a Milano.

Laos ed gli altri paesi dove producono il riso.
Successivamente,
si trova una zona tutta dedicata ai paesi dove si produce il cacao.

Pieno di buon profumo!!



-------------------------------



ひきつづき、
マルティーナさん(テーラーギブソン)を連れてのミラノ万博。

“お米とチョコレート”エリア、
チョコレートはイタリア人にたいっっへん愛されている嗜好品で、
今回一緒に来た夫親友氏は、このエリアをとても楽しみにしていたそうな(笑)。

写真では、屋台に群がる人々が少なくみえますが、
それはみんなが購入した様々なチョコレート製品を味わうために、
ベンチにギッシリ座っていたからでありますw

イタリア人よ、説明パネルくらい、読んでやろうぜw

甘いものの後はしょっぱいものってことで、お次はマレーシア館。
マレーシア料理は、日本に居たときに食べたことがあって、
正直に言うと甘辛いタレの味があまり好きではなかったのですが、
ここで食べたものは、甘さ控えめでスパイスが効いていて、とても美味しかったです。

私達は美味しく食べたのですが、レジで会計をしていたところ、
「お客さんから “パスタ(麺料理)がなってない” とクレームがあったぞ」
と、マネージャーらしき紳士がレジ係の女の子に言いに来て、みんなポカーン。

“パスタ(麺料理)がなってない”ってねぇ・・・・

そもそもマレーシア料理であって、イタリアのパスタ料理とは別物なんだけど・・・
そこを比べるか、イタリア人?!

「ここで料理しているのは、みんなクアラルンプールからやって来た料理人よ!
イタリアのパスタ料理と比べるなんて、どうかしてるんじゃないかしら?
そんなこと、私に言われたって困るわよ!」

と、レジの女の子は怒ってるし(←こんなところもイタリアっぽいw)、
夫&夫親友氏は、
「あほかー。そんなにイタリアのパスタ料理が食べたかったら、
わざわざマレーシア館で食べるなー!」
と、会計しながら、彼女とひとしきり盛り上がるし(?)、

私は私で、

さすが・・・!
お国の味愛にあふれすぎているイタリア人・・・!

と、ヘンなところで感心しつつも、呆れておりました。

イタリアで開催される各種催し物って、催し物そのものに加えて、
訪れるイタリア人を観察するのも、実は、楽しみ方のひとつでもあります(笑)。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2015
08.06

ミラノ万博 EXPO2015(1)

IMG_2789aa.jpg



- ミラノ万博 EXPO2015 に連れてきてもらったよー!
 万博のテーマは、
 『地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding The Planet, Energy For Life)』

 いろんな国の食べ物が食べられるみたいだよ。 



IMG_2791aa.jpg



- でもね・・・

 入口のX線検査で、係りの人に止められちゃったの。
 わたし、怪しい人物じゃないよー。
(ドンマイ!まさか係官だってお人形が訪ねてくるとは思わなかったんだよw by縫い子)



IMG_2793aaaa.jpg



- エントランスを入ってすぐの広場に並んでいた、たくさんの大きな人物像。
 ちょっと分かりづらいけど、
 どの人物像も、あらゆる食物を組み合わせてできているの。
(お天気が悪くて、写真がボヤケ画像になっちゃって残念! by縫い子)



IMG_2793bbb.jpg



- ルネッサンス期のミラノ出身の画家、
 アルチンボルドの絵にインスパイアされている造形なんですって。

 この4枚の絵、それぞれ春・夏・秋・冬の植物や食物を組み合わせて、
 ヒトの横顔になっているんだよ。
 だまし絵みたいで、おもしろい!!
(ルネッサンス時代に、こんなファンキーな絵を描いていた人がいたとは! by縫い子)



IMG_2799aa.jpg



- さっそく、ネパール館から入ることにしたよ。



IMG_2800aa.jpg



- ネパール館は、寺院を模した建物だったよ。



IMG_2804aa.jpg



- 今日のわたしのお洋服・・・

 スカートは短いけど、ロングブーツでバランスは取れているかな?
 ヴィンテージのバービーさんのブーツなの。



IMG_2809aa.jpg



- 館内には、黄金の仏像が置かれていて、
 ずっとマントラが流れていて、独特の雰囲気。

 木の柱には、一本一本、仏様の彫刻がされていたよ。



IMG_2813aa.jpg



- ネパール館で食べたもの。

 モモっていう餃子っぽいやつ。
 野菜のサモサ。
 ハンバーグっぽいバラ。

 どれも美味しかったみたいだよー。
(モモというネパール餃子、ずっと食べてみたかったのですが、念願かないました。
意外だったのはサモサ。揚げてあるのにすごく軽くて美味しくて、後をひく! by縫い子)




IMG_2819aa.jpg



- つづいて、バーレーン館。

 バーレーンは、果物をたくさん生産している国なんだね。
 果物の木が、たーくさん植わってたよ。

 これは、バナナ!



IMG_2821aa.jpg



- それから・・・
 これは、なんの実かな?



IMG_2824aa.jpg



- イチジク!



IMG_2826aa.jpg



- レモン!
 まだ青いね。



IMG_2828aa.jpg



- パパイヤ!
 これから、オレンジ色になるんだね。



IMG_2832aaa.jpg



- ブドウと、さっきの名前のわからない実と、
 サボテンの実。

 サボテンの実は、イタリアでは “インドのイチジク” って呼ばれているよ。
 わたしは、まだ食べたことないの。
(実は、私も・・・ by縫い子)




IMG_2838aa.jpg



- ザクロ。
 まだ色づく前だね。



IMG_2840aa.jpg



- 建物の外にも、植物がいっぱい。
 奥に植わっているのは、パピルスかな?



IMG_2842aa.jpg



- 万博会場のメイン通路。
 真ん中に、八百屋さんを模した大きなオブジェがあったよ。

 野菜も果物も、ホンモノみたいに見えるね!



IMG_2846aa.jpg



- バーレーン館の次に訪れたのは、韓国館。
 食べたものは、こんな感じ。

 韓国海苔巻、美味しい!
 揚げ餃子の中には、ぷりぷりのえび餡。



IMG_2848aa.jpg



- 韓国のたい焼き。
 飴がけされていて、かりっとしていて美味しかった!
 (初めて食べる食感でした。なかなか新鮮! by縫い子)



IMG_2852aa.jpg



- 韓国館の飲食スペースの外の椅子でひとやすみ。
 ふうーーー、食べた食べたーーー。

 え?
 まだまだこんなの序の口?



IMG_2855aa.jpg



- 万博会場のあちこちに、フィットネスジムコーナーがあったよ!
 たくさん食べたら、カロリーを消費しましょうってことかな?

 準備がいいね!
(中で本当にマシンを漕いでいる人とかいて、ちょっと笑っちゃいました・・・ by縫い子)




All'EXPO 2015 a Milano.
“Nutrire il pianeta, energia per la vita” 

Cominciamo ad assaggiare i sapori del mondo!!



--------------------------------



マルティーナさん(テーラーギブソン)を連れて、
ミラノ万博へ行ってきました。

万博のテーマは、“食とエネルギー”ってことで、
食べることが趣味と情熱(←!!)である夫とその親友氏に連れられ・・・

こんなチャンスでもなければ
めったに口にすることはできないであろう世界の食べ物を試食してきました。
ブライスのお出かけレポ・・・というよりは、
“○○を食べた!”レポになりそうですが、よろしかったらお付き合いください。

エントランスにて、空港のようなボディチェックと、荷物のX線検査をやっており、
ブライスを入れた手提げがさっそくひっかかってしまいました。

モニターを覗く係官は、
『人形のような形のものの中に、なにかが入っている?!』
と疑問に思ったらしく、検査対象に(そりゃあ、そうだろう・・・)。
連れの夫親友氏が、
『このお人形の頭の中には瞳の色を変えるギミックが入っていて・・・云々』
と説明してくれて、苦笑いする私のかたわらで係官も笑っていて、
最終的には特に問題なく通過。

思わぬアクシデントに私もびっくりしましたが、
係官も、まさか人形連れで万博くる人がいるとは驚いただろうな~。(^ ^;)

でも、イタリア人はおおらかで陽気なので、
こういうときも笑い飛ばしてくれて、楽しいです。

本日、マルティーナさんはミニスカートデビュー。
ヴィンテージ・バービーのブーツを履かせましたが、これがなかなか優れもの。

ブライスにサイズぴったりなうえに、
脱げにくいので、外撮影にとっても重宝しました。
形もスタイリッシュで、足がキレイに見えます。(*^ ^*)
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2015
08.04

おめざ

IMG_3036aa.jpg



夏の日の午後。



IMG_3032aa.jpg



ブラインドの隙間から、午後の陽射しがさしこんで



IMG_3038aa.jpg



お昼寝から目覚めたら



IMG_3040aa.jpg



ちょっと甘いものがあると嬉しい。



IMG_3043aa.jpg



可愛らしい缶の中には、



IMG_3046aa.jpg



レモンとマンダリンのキャンディ。



IMG_3050aa.jpg



ひとつ貰ってもいいかしら。



IMG_3053aa.jpg



レモンとマンダリン。
どっちにしようかな。



IMG_3054aa.jpg



レモンをひとつ、貰おうかな。



Per un dolce risveglio dal pisolino....
Prenditi una caramellina!




-------------------------------------



先日行ったボルミオで買ってきた、ちょっとしたお土産。

オーソドックスなタイプのレモンのキャンディと、
ちょっと変わった食感の(?)カリッとした小粒キャンディ。

この小粒のキャンディは、
トリノのレオーネ(LEONE)社が作っている飴で、
イタリアならどこのバールやタバコ屋さんでも、レジの横に、
各種フレーバーを並べてで売っているほどポピュラーなものなのですが、
通常はパッケージが紙の小箱なのです。
(紙製でも、レトロデザインで可愛いんですけどね)

でも、なぜか田舎の方に行くと、
こんなふうに可愛らしい缶入りで売っているので、
柄違いでついつい缶を集めたくなってしまいます。

キャンディって、普通はなめるものだと思うんですが、
この小粒のやつは、なめるよりも口の中でカリッカリッと噛む感じ?
キャンディというより、ラムネに近いような砂糖菓子です。
(縫い子談)


追記:
このレオーネ社のキャンディ “パスティリエ・レオーネ” について、
こちらのサイトで詳しく説明されていました。
やっぱり、缶のパッケージはコレクターがいるんだな~。(*´ω`*)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。