--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.31

聖天使教会

IMG_0279a.jpg



- サンタンジェロ教会に来たよ。
 サンタンジェロは、“聖天使”っていう意味だよ。



IMG_0277a.jpg



- でも、本当は、サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会、
 “天使達の聖母マリア教会”っていうの。
 長い名前だから、省略しちゃったのかな?



IMG_0291a.jpg



- 特別なお祈りの週間があったみたい。



IMG_0301aa.jpg



- 中は、立派だね!
 でも、静かで落ち着いた雰囲気だよ。



IMG_0294a.jpg



- まだプレゼーペが飾ってあったよ。
 とってもよくできている立派なプレゼーペだね!



IMG_0298a.jpg



- これは、イエス様の誕生に
 東方三博士がお祝いを述べているシーンだね。



IMG_0304a.jpg



- わたしも、ろうそくを灯したの。



IMG_0310a.jpg



- 聖アントニオ様に、いつもありがとうって。
 あと、もっとたくさんのお友達に、おうちに来て欲しいなってお願いしちゃった!
(えっ?ジェルソミーナさん、そ、そのお願いは・・・?! by縫い子)



- Oggi sono venuta alla chiesa Santa Maria degli Angeli detta chiesa di Sant'Angelo.
 C'è ancora il presepe, bello grande!
 Dedecaito anch'io una candelina a Sant'Antonio di Padova...



--------------------------------------------



プレゼーペ(プレゼピオ)とは、イタリアならではのクリスマス飾りです。

今でこそ、他の国々と同様にどこの家庭でもツリーを飾りますが、
かつては、イタリアにおけるクリスマス飾りといえば、
クリスマスツリーではなく、
イエス誕生のシーンを再現したジオラマ、“プレゼーペ”。
現在は、プレゼーペを飾り、かつツリーも飾る、
というのがイタリア家庭における平均的なクリスマス飾りです。

家庭に飾るプレゼーペは、ホントにミニチュアサイズで、
人物や動物など、プラスチック製の安いやつだと
ちょっと(かなり?)ちゃちかったりするんですけど(^_^;)、
教会などおおやけの場所に飾られるプレゼーペは大きくて立派なものが多く、
さらに、職人による手仕事で一点一点作られた、
非常に手の込んだ美術工芸品だったりもします。
(この傾向は、伝統的な面が今も多く残る南イタリアでより顕著)
←職人仕事によるプレゼーペは、とても精巧な出来でミニチュア好きをかなり萌えさせるw

クリスマス飾りは、聖母マリアが懐妊したとされる12月8日に飾りつけて、
イエスが誕生し、東方三博士がお祝いに訪れたとされる1月6日まで
約一か月、ずっと飾ったままにしておくのですけど、
この教会では1月も終わろうとしている今でもまだ飾ってありました(笑)。
でも、そのおかげで、北イタリアではちょっと珍しい、
かなり出来のよいプレゼーペを拝観することができたのですけどね。
(ちなみにこのプレゼーペ、スケールはだいたい1/6くらいに見えました。萌えw)

余談ですが、馬屋の中の赤子イエス。
12月24日までは、飾り付けられません。
飼い葉桶の中は空っぽのままです。
東方三博士も同様で、玄関の戸棚の中とか、どっか遠いところ(笑)に隠しておくそうです。

で、イエスが誕生したとされる12月25日の午前0時に
はじめて飼い葉桶の中に赤子イエスが置かれるんですよ。
東方三博士はその瞬間から、玄関、廊下・・・と、毎日少しずつ移動してきて(笑)、
1月6日にはじめてプレゼーペの中に飾られるという・・・。
(で、翌7日にはプレゼーペぜんぶ取っ払われるw)

キリスト教によるイエス誕生のエピソードどおりに飾るんだそうです。
これを聞いたときは、芸が細か~い!と感心してしまいました(笑)。
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://gelsominafloris.blog.fc2.com/tb.php/137-81a79c11
トラックバック
コメント
おぉお!!教会素敵ーー!!!

やはりイタリアは建物がカッコイイなー。
特にレリーフが落雁みたいでイカス!

プレゼーペっていうんですね!!
これはスゴイ!
最初絵画かと思っちゃいました。
ミニチュアなんですね…
感動的な出来です。小さい物好きにはたまりませんね!!これ!
やはりイタリアのミニチュア好きも
興奮して写真に収めちゃったりするのかしら…?
それとも見慣れてるからね~みたいな感じかな?!

プレゼーペ、まだ飾っているって
あれですかね。日本で言うならいつまでもお雛さま飾ってるみたいな…w
まーdot 2015.01.31 03:56 | 編集
落雁・・・!!(爆)
正面扉の上に、まさに形も正方形の天使の浮彫つき落雁が・・・おいしそーな教会w

このプレゼーペは、本当にできがよくて、この教会にあることは知らずに入ったんですけど、いいもの見られてヨカッタです。
ナポリの旧市街に、プレゼーペに使うミニチュア(人物から背景から小道具まで)を制作・販売している工房やお店ばかりがずらーーーーっと並んだ通りがあるんですけど、そこを訪れたときはすっごく興奮しましたよー。
こういうものに慣れ親しんで育つから、イタリア人ってミニチュア好きが多いような気がする(気のせいかもしれない)。

そうそう、お雛様ww
なんで片付けないでおいてあったんでしょうね?
なんか意図があったのか、たんにこの教会がゆるいだけかw
縫い子dot 2015.01.31 18:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。