2015
02.24

そして、フェニーチェ劇場へ

IMG_0960a.jpg



- 大理石の壁。



IMG_0962a.jpg



- わたしのドレスの色合いと、おんなじ!



IMG_0964a.jpg



- 水飲み場、ピーナッツの殻がいっぱい捨ててあるよ~。
(誰が食べたの?!投げ捨てはいかんな~、イタリア人よ! by縫い子)



IMG_0965a.jpg



- あっちでは何かの展覧会かな?



IMG_0967a.jpg



- 少しずつ、日が傾いてきたね。



IMG_0970a.jpg



- あれ~~っ?
 ずーーっと歩いてきたら、元首宮殿に戻ってきちゃったよ。



IMG_0974a.jpg



- 元首宮殿のバルコニーでーす。
 翼の生えたライオンちゃん、ここにもいるね!



IMG_0976a.jpg



- 元首宮殿と、サンマルコ寺院はつながっているんだよ。
 これは、サンマルコ寺院の側面のところ。
 キラキラしてるよ~。
(ジェルソミーナの瞳もキラキラだね~ by縫い子)




IMG_0977a.jpg



- サンマルコ広場は、まだ人でいっぱいだね。



IMG_0980a.jpg



- 今度は、広場をつっきって、
 今まで歩いたところとは反対側のエリアに行ってみましょうって。



IMG_0982a.jpg



- 広場の周囲は、こんなふうにアーケードになっていて、
 ガラス細工を売るお店とかが入っているんだよ。



IMG_0983a.jpg



- アーケードの敷石も、わたしのドレスの色とおなんじだね。



IMG_0988a.jpg



- フェニーチェ劇場に着いたよ~。
 たくさんの歴史的なオペラ作品の初演が行われた、とても由緒ある劇場なの。
 入口は、意外とちっちゃいんだね!

 ヴェルディのオペラ『椿姫』も、初演はこの劇場だったんだよ~。



IMG_0994a.jpg



- 中はね・・・入れなかったの。
 でも、とーーーってもゴージャスだね!
 明日の夜だったら、オペラ『愛の妙薬』の公演があったのにな。
 残念だな~。
(私も残念・・・劇場のスケジュールをあらかじめ調べてくればよかったよ~。 by縫い子)



IMG_0996a.jpg



- 何度か火災に遭っているけど、その都度、元のように再建されているんだよ。
 それで、“不死鳥=フェニックス”、イタリア語だと“フェニーチェ”って呼ばれているの。
 劇場の紋章にも、鳥さんがいるね!
(えーと、でもこの鳥さんはガチョウさんに見えました・・・すみません・・・ by縫い子)

 いつか、オペラを観に連れてきてね!



- Ancora passeggiata.... e siamo arrivate al Teatro La Fenice!!



-----------------------------------------



イタリアの三大オペラハウスといえば、

ミラノのスカラ座
ローマのオペラ座
ナポリのサンカルロ劇場

で、意外なことに、このフェニーチェ劇場は含まれていないのですが、
今でも、イタリアの重要な歌劇場のひとつとして、
毎シーズンオペラとバレエの公演が行われています。

・・・が、今までなぜか一度も中に入ったことがない(苦笑)。
今回、なぜこの劇場のスケジュールを調べずに旅程を組んだのか、
ちょっと自分を問い詰めたいです。(^ ^;)

上記の三大オペラハウス、どこも内装はキンキラ☆ゴージャスですが、
キンキラ度においては、フェニーチェが飛びぬけているんじゃないかな。

毎年お正月に、テレビ局RAIが主催放送するニューイヤーコンサートは、
いつもこのフェニーチェ劇場から中継されるのです。

新年の晴れがましい雰囲気と、劇場内のキンキラ☆がマッチして、
おお~年が明けたな~、といつも思います。

ウィーンの楽友会ホールから中継されるニューイヤーコンサートも、
(日本ではNHKが中継してましたっけ?)
ウィンナワルツが文化の爛熟期の華やかなウィーンを想わせて素敵ですが、
こちらヴェネツィア版も、明るくて華々しくて楽しい。

ロッシーニ、ドニゼッティ、プッチーニ、ポンキエッリ、ヴェルディ、ニーノ・ロータ、
イタリア人作曲家の曲が演奏され、
そして、なによりもオペラの国イタリアらしく、オーケストラ曲だけでなく、
オペラの独唱・重唱・合唱も組み込まれて、とってもイタリアらしいコンサートです。

これはそのオープニング・シーン。
元首宮殿のテラスで踊るシーンから始まっていますね。
元首宮殿、サンマルコ広場、そしてヴェネツィアの路地・・・

綺麗なだけではない、ちょっと怖くておどろおどろしい雰囲気も
ルネサンス~バロックのイタリアらしくて、よい演出です。



RAIニューイヤーコンサート2015年版、興味のある方は、フルでどうぞ。



(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://gelsominafloris.blog.fc2.com/tb.php/159-443f2a63
トラックバック
コメント
イタリア 行ってみたいなぁ。

日本のNHKで放送している、世界ふれあい街歩き を見ているみたいで、
その昔、兼高かおる世界の旅 を楽しみにしていたおっさん 大絶賛です。

ブラ子さんたちの衣装も、歴史ある街並みにマッチしていて素晴らしいです。
続編、楽しみにしています。
MIYAdot 2015.02.24 11:08 | 編集
MIYAさん

MIYAさんがブライスさん連れでイタリアに来たら、どんなお写真を撮られるのでしょうね(^^)
イタリア・・・というか、ヴェネツィアはどこを撮っても絵になるので、
立派なカメラをもった旅行者がいつもいっぱいです。

兼高かおるの世界の旅、懐かしい、良い番組でしたね~!
『世界ふれあい街歩き』は、日本に帰国したときに見たことがあります。

そもそも、このブログのタイトルは“お散歩するジェルソミーナ”という意味なので、
ヴェネツィア編ではようやく本来のブログ趣旨に沿った記事を書いているな~と思ったりして(^ ^;)

ヴェネツィア編、まだもう少し続きます。
縫い子dot 2015.02.24 23:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top