--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.26

グラフィティ

IMG_6350aa.jpg



- ミラノの街は、落書きが多いわね。



IMG_6352aa.jpg



- 落書きも英語で “グラフィティ” と呼べば、
 アートの一環でもあるし、聞こえはいいけれど・・・



IMG_6353aa.jpg



- あれは、どちらかというとタダの落書きね。
 残念だこと。



I graffiti.... è peccato trovarli dappertutto in città...



---------------------------------



ローレライさん(アレクシスエメラルド)と、
日曜の午後のぶらぶら歩き。
我が “慈愛のマドンナ” いつも優しい瞳のローレライさんですが、
落書きは落書き!と一刀両断する辛辣さもそなえた
優しくて強くてカッコいい美女でもありました。(妄想当社比)

ミラノに限らずですが、
特に荒れたエリアというわけではないにもかかわらず、
イタリアって公共の建物への落書きが多いんですよね・・・。

こういう落書きを見るたびに
『最近の若いもんは!モラルというものはないのか!なっとらん!』
と、頑固じじいのように怒りを覚えてしまうのですが。(^_^;)

イタリア人はお年寄り世代は、人間的で礼儀正しくて、
バランス感覚とユーモア感覚に優れた素敵な人々が多いと思うのですが、
若い世代はいろいろと残念な人々の割合が増えるように感じます。

イタリア式子育ては、とにかく子供を蝶よ花よ、王子様よお姫様よ、
星よ月よ太陽よ喜びよ・・・と、ポジティブなことを言いまくって育てるし、
(それはそれでいい面もあるのですが)
子供が間違いを犯したり、失敗をしても、
『あなたは悪くなかったのよ、タイミング/相手が悪かったの!』
『可哀そうな子、大丈夫よ、心配しないで!(←ハグ&ヨシヨシつき)』
などと、全力で庇ってしまったりする過剰な甘やかしっぷりの父母・祖父母も多く、
その結果、自分勝手だったり、極端に打たれ弱かったり、
自分の非を決して認めない(そのためには嘘をついても、相手を貶めても!)
若者世代の乱れっぷりが実は問題だったりもします。

マリファナなどのライトドラッグも(一部ハードドラッグも)、
普通の家庭のティーンネイジャーにかなり蔓延していますしね・・・。
むむぅ。
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
こんにちは。

うちはすぐ叱られる母に育てられたせいで、そうするつもりもないのについつい子どもを叱ってしまいます。

本当は褒めて育てたいのですが。

子育てって難しいですよね。一緒に自分が成長できればいいのですが。

子どもの頃あまり母に甘えられなかった思いがあって、大きくなってきてもハグしたり、膝に座らせたり、スキンシップはとるようにしています。


ところで、やっぱりローレライさんは美人さんです。

白い肌に髪色が素敵ですね。
ちょこ。dot 2016.01.26 06:20 | 編集
むむぅ。マリファナは合法な国もあるくらいだし、困りもんだなぁ。
いい大人が自己責任でかつ、他人に迷惑をかけないというのなら、
ごにょごにょなんだけど。
って日本ではもちろん問題外ですけどね!
10代のうちからっていうのが、精神的にダメージをあたえそうで
コワイ話題ですね。

ローレライさん、思わずハグしたくなるレベルですよ~(;・∀・)
さこみんdot 2016.01.26 09:39 | 編集
ちょこ。さん

うちの母も、私も子供の頃にすぐ叱る母でしたねぇ。
今にして母と話すと『あの頃は、子育てにいっぱいいっぱいで全然余裕が
なくてねぇ・・・つい叱ってばかりになってしまって悪かったねぇ』
なんて言いますが(笑)。
親も人間ですものね・・・難しいですよね(^^;)

叱られることよりも、なにかが上手くいったときでも、
あまり褒めてもらえなかったことの方が、私自身の人格形成にはおそらく
響いている気がするので、ちょっとしたことでも褒めて褒めて褒めちぎる
イタリア式子育ては、あそこまで極端じゃなければ(←!!・・・笑)、
素晴らしいなって思うんですけどね。

褒められる、というか、自分でもよく出来たと思えたことを一番身近な両親に
認めてもらえるって、子供の心の奥で自分に対する静かな自信になるんだろう
なあって思いますし、そういう自信がある人って成長した後も、困難をなんだ
かんだうまく乗り切っていける生き方ができる気がします。

・・・まあ、イタリア人は、その自信がありすぎて(笑)、
おまえら、も少し自信なくせ!!
とツッコみたくなることもしばしばですが。

膝に座らたり、ハグしたり、スキンシップしたり・・・素敵なお母さんです♡
私も子供の頃は、ぜんぜん親に甘えさせてもらえなかったんですよね、そう言えば。
なんでだろう・・・??
これも、母は“自分に余裕がなくて・・・悪かったねぇ”って言ってますが(笑)。
スキンシップって、言葉はなくてもそれが一番たしかな愛情と信頼感が伝わりますよね(*^^*)

ローレライ、肌色と髪色のバランスもいいんですよね(*´∀`*)
癒しの美人です♡
縫い子dot 2016.01.26 17:41 | 編集
さこみんさん

実は、煙草の方がマリファナよりも実害があるというのに・・・(^^;)
まあ、マリファナハードドラッグへの入口になるから、
多くの国では禁じられているんでしょうね。
でも、オランダでは『どうせ禁じたところで手を出すヤツは出すんだ。
ドラッグの根絶は不可能だ。ならばいっそのことマリファナ程度で
ストップさせておくためにマリファナは解禁してしまおう!』
ってことで、フツーにマリファナ吸引できますので、これはこれで、
慧眼(!)だなーーと思いました。
オランダって、いろんなことが何気にファンキーで進んでる国・・・・
(←好きな国です)

おっと、話がそれましたね。

イタリアのティーンネイジャーは、まだ物事の善悪が不安定な年齢なのに、
危険な誘惑が多いように感じます。
ドラッグだけでなく、初体験も早いから、望まない妊娠も何気に多いらしいし。
10代が乱れると、この国の将来をすごく憂慮してしまいますね。

ローレライ、癒しのマドンナです♡(*´∀`*)
縫い子dot 2016.01.26 17:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。