2016
02.09

Miniaturitalia 2016 - ミラノ・ミニチュアショウ- (1)

Category: イベントレポ
IMG_6474aa.jpg



- イタリアで唯一のミニチュアショウ、
 年に1回、ミラノで開催される
 ミニアトゥリタリア Miniaturitalia 2016の取材に来たよ~。



IMG_6489aa.jpg



- わたし達、今日はちっちゃいジャーナリストだね!
- さっそくゲストブックにサインしなきゃね!
(実際はこのペン、壊れててサインできなかったんですけどね。ドンマイ! by縫い子)



IMG_6482aa.jpg



- エントランスに展示してあったミニチュアのいくつかだよ。
 これは、プリマドンナの楽屋だね。

- 化粧台がすっごーーーーく素敵だねっ!
(まあ、わたしの次の舞台にぴったりね・・・ byローレライ)
(ああ、ローレライさんさぞ似合うことであろう・・・1/6だったら欲しい! by縫い子)


<縫い子お詫び>
このミニチュアショウ、予想をはるかに上回るレベルの高さで、
どの作品もとんでもなく精巧で美しくよく出来たものばかりでした。
それなのに我がカメラ(←ですらない三世代前のiPhone)では、
まったくその素晴らしさを写し取ることができません!!(号泣)
たいへん申し訳ないです!!(><)

この楽屋の化粧台と散らばる化粧品やアクセサリー、スツール、
鏡、衣装・・・その精巧さの素晴らしいこと!




IMG_6484aa.jpg



- これは、彫刻家の工房だね!
 すごーーいリアル!!

こちらも、とんでもなく細かくて精緻です。
台の上の石膏像とか・・・どれも高さ2~3cmですよ?!(@∀@)
なのに、この腹筋とか、オジサンの横顔とか、壺のレリーフとか、どういうこと?!




IMG_6488aa.jpg



- ワンちゃん、赤いお部屋で休んでる~!
- ごはん、オアズケなんだね。

セントバーナードの表情とか・・・いるよ、いるいる、こういう表情の犬!!
どの作品も、ただ細かいだけじゃなくて、とにかく丁寧なのです。
正直言って、外国の人って日本人ほど手先が器用じゃないと思っていたので、
(非難されるのを承知ですが・・・そう思ってました、ごめんなさい)
今回のミニチュアショウも、実はちょっとなめてた(←小声になっちゃう・・・)のですが、
とんでもなかったです。




IMG_6505aa.jpg



- ドールハウス用のガラスと鏡がいっぱい~!



IMG_6507aa.jpg



- 可愛い洗面台だね!
- ミッキーマウスみたいなソープディスペンサーも
 ソープディッシュも、コットン入れも、こ~んなに小さいのに、
 ちゃんとガラス製だよ~!



IMG_6508aa.jpg



- ガラス製のドア!
- とってもおしゃれなおうちだね!
 こんなおうちに住めるお人形は、幸せだね~!

ドールハウス用のガラスおよび鏡を作っていらっしゃる方のブース。
1枚目の写真の下半分に写っている数々の鏡。
この小ささで(←だって4×6cmとかですよ!)、
装飾がちゃんと彫ってあるのです!
上から描いているのではなく!!(@ @)

iPhoneで果敢に撮影に挑んだのですが、
とても満足いく画像で撮ることはできませんでした!!(><)




IMG_6509aa.jpg



- ちっちゃ~~~~~いクマさんが、いっぱい!!



IMG_6510aaa.jpg



- もふもふしてて、やわらか~~~い!!
 ちゃんと手足も動くんだねっ!!

- ねぇねぇ、これ買って~~~~!!!

羊毛フェルトの極小テディベアを作っている方のブース。
やられました・・・・・。
お買い上げです(←しかも2匹)。

だって、このいかにも、ブライスさんに抱っこさせてあげてください
と言わんばかりのサイズはどうなの?!
これは、素通りするわけにはいかないでしょう!!(><)




IMG_6513aaa.jpg



- ちっちゃい、ちっちゃい、ちっちゃいお人形たち!

同じ方が製作された・・・えーと、これはもう・・・
なんといったらよいか・・・ なんなんですか? このちっこさは?

これらのお人形さんやクマさんやピエロ、サイズが1cmくらいなんですよ・・・
ものすごーーーーく頑張って接写を試みましたが、
我がiPhoneのレンズが悲鳴をあげましたよ!!(@Д@;)




IMG_6517aa.jpg



そして、さらにこの方が描かれたエッチング。

ピントがかろうじて許容範囲になるには、
どうしてもこのくらいまでの接写しかできないのですが・・・
そして、この接写画像だと、意外と普通のエッチング額に見えちゃうのですが・・・
↓↓の写真のブライスとの比較で、1枚の額のサイズをご想像ください。




IMG_6518aa.jpg



- ドールハウスのインテリアに、
 ステキなエッチングはいかがですか~?

遠近法使ってません。
ブライスは展示額によっかからせています。
このサイズで、このエッチング・・・
木の枝とか一本一本がちゃんと見えるんですよーー!!(@Д@;)
もう・・・・!!
どうなっているんですか?! ミニチュア製作者の方々の情熱って?!




Evviva, Festival di miniatura in Italia, Miniaturitalia 2016!!
Favoloso, Fantastico, Meraviglioso, Stupendo, poi... cosa altro da dire?!
Evviva il mondo di lente d'ingrandimento!!
(...anche se dopo mi è venuto terribile affaticamento agli occhi...)



------------------------------



というわけで、ちっちゃいジャーナリストに扮した
ジェルソミーナ(ベリーヴィッキー)とカロリーナ(アーバンカウガール)
を連れて行って参りました、ミニチュアショウ。
本日より、数回に分けてレポをお送りします。

それにしても、興奮した1日でした。
ヨーロッパのドールハウス&ミニチュア文化、
本場だけあってとんでもなくヤバいです!!
(縫い子談)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
お揃いのパンツスーツに身を包んだジェルソミーナと
カロリーナさん、きりっとした可愛いレポーターさん
ですね♪
ドール好きで知られる私の大好きな作家の田辺聖子さん
の家に、壁に特注のドールハウスが埋め込んであると
本で読んだときは(もう何十年も前の話)、夢の世界
でした。
今は壁にディスプレー用に棚を作ったりするのは普通に
出来ますが、文化の差は歴然なのかなあ。

本場のミニチュアは、どれもこれも精巧に作られて
見ごたえあるんでしょうね。

子どもの頃にガラス細工の動物を集めていた私としては
ガラス製の洗面台に萌えました。
ミニチュアのくまさんもかわいいし、エッチングはすごい。
ま、日本にも米粒に絵や詩をかくという違う方向性!の
ミニチュア精神はありますけど。。。

小さいものが大好きな私なので、ミニチュアショウの
レポートとっても楽しみです。
すみれんdot 2016.02.09 09:38 | 編集
うおーーーーーっ!!@@*
なんという素晴らしいイベントなんでしょう・・・
充分すごさが伝わってきますよ!
ああ、在伊中に知っていれば絶対行ったのに・・・
(ボローニャのモーターショーは毎年行ってた☆)
羊毛クマさんはワタシも間違いなく買ってますね(笑
ドヤ顔のジェルソちゃんめっちゃ可愛いです~^^

続き、ものすごく楽しみにしてます!
(お揃いのスーツでいつか4人(+われわれ人間)で
女子会(笑)できる日を夢見ておりますっ^ー^)
conigliadot 2016.02.09 14:37 | 編集
すみれんさん

可愛いレポーターさん達、大活躍でしたよ~(*´ω`*)デレデレ

それはそうと、田辺聖子さん、ドール好きでいらっしゃったのですね!
私も田辺聖子さん、大好きです!
高校生の頃『文車日記』を暗記しそうなくらい、何度読み返したことか・・・
そして大人になってみると、田辺聖子さんの書かれるちょっとシニカルだけど
ユーモラスであたたかい恋愛短編にも、味わいを感じるようになり・・・
(わ~、オトナだあ~!って:笑)

そうなんですよねぇ、箱に入れてたり、棚のディスプレイくらいでしか
一般家庭にはドールハウスはそぐわないものだなんて勝手に思っていましたが、
よく考えたら、こっちって広い家はマジで広いんですよね(汗)。
うちは狭いですが・・・(爆)

1/12サイズとはいえ、一軒の邸宅のドールハウスなどそれはもう巨大で、
でもたまらん魅力がぎっしり詰まった世界でした。

日本の米粒アート(笑)
そうそう、このイメージがあったから、
日本人→手先が神業器用、外国人→そうでもない、なんて勝手に思っていましたが、
外国の人でも器用な人はとことん器用だという、
よく考えれば当たり前の現実を目の当たりにしたのでした。
それに、ヨーロッパにもミニアチュール(細密画)っていうジャンルがありましたしね・・・(汗)

写真のクオリティがたいへん残念なことが、かえすがえすも悔やまれますが、
写真では詳細が分からないところは、見えなくても全部精緻に出来ている!
という心のフィルターを通して、ひきつづきミニチュアショウレポご覧頂けたら幸いです。
縫い子dot 2016.02.09 17:39 | 編集
coniさん、coniさん!

これはねぇ・・・もう・・・ ギャーーース!!!

coni語録発揮ですよ!!(爆)

正直、何度、失神するかと思いました。

このイベント、なにげにもう10年も続いていて、
イタリアのみならず他ヨーロッパ諸国、カナダ、オーストラリア、
世界各国から出展者の方がいらっしゃってて、とても充実した展示会でしたよー!
(モーターショウとはconiさんらしいし!爆)

ドール好きなら、このためだけにイタリア旅行に来るのもアリじゃない?!
って思いました。
(それにこの時期、イタリアはバーゲンだし:爆)

羊毛クマさんね、もうもう・・・きゅーん♡ってなる小ささと可愛らしさ。
シリーズ最後の記事に、戦利品紹介として、お買い上げした子達の詳細を載せますね。
(第4回かな?)

へへへ、ジェルシーはもともと目が奥まってて撮りにくいフェアレストだし、
首がグラグラでうつむきがちだし、このイベントのようにアングルやポーズに
こだわれない状況での撮影では、目に光を入れるためにどうしてもボディを
反らせたポーズで撮らざるを得なくなりますね。
だから、ドヤ顔(笑)。
全力でドヤるジェルシーの可愛い鼻息まで聞こえそうな写真ばかりになりました(爆)

およよよ?!
お揃いスーツで、まさかの女子会?!?!
むむっ、それは実現の可能性をさぐらなければいけないかも?かもかも??
かもっちゃう??(・∀・)
縫い子dot 2016.02.09 17:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top