2014
06.05

お見舞いの帰りには

IMG_8179.jpg



病院から帰りがてら、スーパーマーケットで必要なもののお買い物をするの。

明日のために、りんごと梨のムースと、差し入れのゼリー食を作るためのお肉と野菜を買ったよ。



Al ritorno dall'ospedale facciamo un salto a supermercato.
La piccola spesa per portare alla signora in ospedale!



-----------------------------------



イタリアの病院では、
薬剤の副作用で口の中が炎症しまくり、
かつ筋肉の脆弱化で嚥下が困難になっている患者さんにも、
あつあつのミネストローネだとか、アルデンテのチーズリゾットだとかが出てきます。
ええ、病院食です。
味付けは悪くないのですが
(ただし普通の人間にとって、なので口内が荒れている人には塩味がきつく感じるようです)
この状態の患者さんにこれを出すの!?!?!?
と、驚愕を隠しきれません。

案の定、食べることができない患者さんは衰弱しまくり。
かつての祖父母の介護の経験と、
大慌てでネットで調べた知識をもとに、
鶏ささみや野菜をブレンダーでピューレ状にしてから
ゼラチンでふるふる状態にしたゼリー食を毎日作って差し入れしています。
(これならひんやりしてても美味しいし、嚥下困難な人でもするっと呑み込める)

あらゆる添加物をカットしないといけないので、
毎回、ブロード(西洋だし汁)も肉と野菜から煮込む手作りです。。。

ああ、どうかゆっくりでもいいから、回復しますように・・・!!
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://gelsominafloris.blog.fc2.com/tb.php/45-f4b4bc51
トラックバック
コメント
Gelsomina Florisさんこんにちは〜
連日のお見舞い大変ですね。
看病疲れで体調を崩さない様にして下さいね。
ヴィッキーもお手伝い偉いですね。笑
ガクdot 2014.06.06 13:45 | 編集
初めまして (*´∀`*)

連日のお見舞い、お疲れさまです。
口内炎が出来ているのに熱々のミネストローネにビックリです><;
一日も早く退院出来ることを願っています!

Gelsomina Florisさんも無理しすぎないでくださいね。
まぐdot 2014.06.06 23:01 | 編集
おお、- blamani -のガクさんではありませんか!
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

心配してくださって、ありがとうございます。
連日の看病・・・噂には聞いていましたが、イタリアの病院事情の酷さには、やらざるを得ないって感じです。
医師は人間的で素晴らしいドクターもいるし(そこはさすがに人情派のイタリア人)、医療技術もちゃんとしてはいるのですが、なにしろ病院というシステムのオーガニゼーションがめちゃくちゃで。
付添いの家族が目を光らせて、医師達にどんどん要求をリクエストしていかないと、対策が後手後手に回ってとんでもないことになりかねないという・・・(((((( ;゚Д゚))))))
そんなわけで、私も相当無理をしてるな~と自分でも思うのですが、ブライスに触れることでなんとかバランスをとれている感じです。
あ、オーガニゼーションという面ではダメダメなイタリア人ですが、人情家の多いのもイタリア人。
私の現状を見ていろんな人が心配して手を差し伸べてくれまして(初対面でも!)、そこから新しい人間関係が生まれたりして、そんなところはなかなか嬉しい収穫です。
良くも悪くも、イタリアらしい状況だな~と思います(^ ^)

状況が落ち着いたら、自分へのご褒美に新しいブライスさんをお迎えするぞ――――!!(笑)
Gelsominaの縫い子dot 2014.06.07 22:34 | 編集
まぐさん、はじめまして。
コメントと、優しいお見舞いの言葉をありがとうございます。

ですよね、ですよね?!?!
口内炎が酷いのに、熱々ミネストローネって・・・拷問ですよ(涙)。
涙ぐみながら『食べられない・・・』という患者さんを見て、こっちも涙が出そうになりました。
食事に関して、わがままを言う人では全然ないのに。

ご心配おかけして、すみません。
状況が落ち着いたら、まぐさんのblogにも遊びに行きますね♪
Gelsominaの縫い子dot 2014.06.07 22:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top