--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
04.24

むかしむかし、あるところに

Category: Giulia (Custom)
IMG_6338ccc.jpg



むかしむかし、あるところに
ちいさいお城がありました。



IMG_6346ccc.jpg



ちいさいお城には、
ちいさいお姫さまがたったひとりで住んでいました。



IMG_6347cc.jpg



お姫さまの名前は、ジュリア・ラ・ベッラ。

たいそう綺麗なお姫さまだったので、
人々は “うつくしいジュリア” と、そう呼んだのです。



IMG_6350cc.jpg



お姫さまのちいさいお城は、
おひさまがさんさんとふりそそぐ丘の上に建っていました。



IMG_6354cc.jpg



お姫さまのお城のちいさいお庭には、
春になると、ちいさなひな菊やたんぽぽが咲き、



IMG_6358cc.jpg



お姫さまは、そよ風に吹かれながら、
お花のあいだをゆっくりとお散歩するのです。



IMG_6360cc.jpg



いつからあるのか分からないほどの古い石段も
おひさまの光であたたかく照らされ、



IMG_6362cc.jpg



お姫さまは、いつからそうしていたのか分からないほど
長い長い間、たったひとりでお城で暮らしていたのです。



IMG_6373cc.jpg



お姫さまは、4色に変わる瞳をもっていました。
若草色の瞳は、芽吹いたばかりの春の野山をうつし、



IMG_6378cc.jpg



空色の瞳は、ひばりがさえずる春の青空をうつします。



IMG_6381ccc.jpg



少しずつ春の太陽が、地平線の向こうにおりていくと、



IMG_6395cc.jpg



お姫さまは、ひとりでゆっくりと瞳を閉じました。



IMG_6396cc.jpg



明日は、桃色の瞳に春のお花をうつしましょう・・・
そして、飴色の瞳にはやわらかい春の畑をうつしましょう・・・
ふんわりと耕されて、
たくさんのちいさい芽が顔をのぞかせたばかりの
あたたかい春の畑をうつしましょう・・・



IMG_6402cc.jpg



こうして瞳を閉じたお姫さまを、
きらきら輝く2羽の小鳥と、橙色のお花がそっと守るのでした。



C'era una volta...
su una collina soleggiante un piccolo castello
dove viveva una piccola principessa.
Il nome della principessa era Giulia
ma la gente la chiamò Giulia la Bella
perchè lei era molto graziosa e dolce come l'aria di primavera....



----------------------------------



我が家の8人目のブライスさん、
ストロベリーアンドクリーミーキュートさんベースのカスタムさんです。

いったいお迎えしたのはいつのことだったのだろうか・・・(・∀・;;;)
カスタムブライスということで、
私の脳内で自由乱脈に妄想の翼がはばたいた結果、
彼女には “おとぎ話のお姫さま” という架空箱裏ポエムが設定され(笑)、
お披露目はぜひともお城でのロケ撮影で!
と、意気込んでおりましたが、なかなかチャンスに恵まれず。

ようやく、ようやく、このたび条件にピッタリなお城を見つけて、
満を持しての登場となりました。

ジュリアという名前は、夫がつけましたが、
ネタ元はこともあろうに、『北斗の拳』のユリア(爆)。
ユリアはイタリア版では、ジュリアと呼ばれているそうで。

スペシャルまつげの彼女、ほんとに美しいので、
そこに“ラ・ベッラ(=美しい/麗しの)”という
ふたつ名を与えたのは私です。(*・∀・*)
(堂々の中二っぽい設定が逆にお気に入りです)

ジュリア・ラ・ベッラと呼ばれた女性は、
歴史上でも実在していて、本名はジュリア・ファルネーゼ
ルネサンス時代の悪名高いボルジア家出身のローマ教皇、
アレッサンドロ6世の愛人だった女性です。
Wikipediaには、肖像画とされるラファエッロの絵も載っていますが、
あんまり似ていませんね(笑)。

この子は、私が眠り目カスタムにしました(←初です!)。
お披露目用に手に入れたプリンセス・ア・ラ・モードさんのデフォOF、
小鳥がモチーフになっていたので、チャームにも小鳥。
オレンジ色の髪にあわせてアイチェンジ用のプルリングも変えました。

ジュリア姫のおはなし、まだ続きます。

(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。