2017
04.28

ねむり姫

Category: Giulia (Custom)
IMG_6483ss.jpg



「もし、この世界のどこかに、
わたしと同じくらい小さいひとがいるとしたら・・・」



IMG_6486ss.jpg



「いつか、会えることもあるかしら・・・?」



IMG_6472ss.jpg



ちいさいお城にたったひとりで住むちいさいお姫さまは、
ふと、そう思うのでした。



IMG_6492ss.jpg



「どうしたら会えるのかは分からないけれど・・・」



IMG_6499ss.jpg



「わたしは、ゆっくりとその日を待つことにしましょう」



IMG_6504ss.jpg



「よいしょ」



IMG_6511ss.jpg



「視察もすんだし、お祈りもすんだし」



IMG_6514ss.jpg



「さ、ちょっとリラックスしましょう」



IMG_6521ss.jpg



「ふーーーーーー」
(ノビが好きな姫・・・? by縫い子)



IMG_6523ss.jpg



「身軽になったわ♪」



IMG_6538ss.jpg



「わたしは、どこでもねむれる姫・・・」



IMG_6536ss.jpg



「こうして瞳を閉じれば・・・」



IMG_6566ss.jpg



「どこにでも行ける・・・お花に囲まれたり・・・
やわらかい寝台にうずもれたり・・・」



IMG_6582ss.jpg



「ふわふわの綿毛みたいに・・・」



IMG_6562ss.jpg



「飛んで・・・ zzz・・・・」



IMG_6540ss-soft-3.jpg



「・・・・・・・」


La piccola principessa che viveva da sola in un piccolo castello
credeva che in questo mondo
c'era solo lei della razza di umano così piccolo,
ma ogni tanto volgeva un pensiero a immaginare
se esistessero altre persone come lei.

E quando chiudeva i suoi splendidi occhi,
faceva volare i suoi pensieri a cercare le altre piccole persone,
come se volassero le lanugini del dente di leone,
i pensieri della principessa viaggiavano al mondo dei sogni.



--------------------------------



どこでも寝ちゃう、おやすみ3秒の姫・・・?(・∀・)
急にどっこらしょと石垣に座ってくつろいじゃう姫、
おとぎ話にちょっと違うテイストが混ざったような展開になってますが。

さて、このストロベリーアンドクリーミーキュートベースのカスタムさん。
その大部分を構成するのがストキューさんなのでこう呼んでいますが、
実際には、フェイスパーツのみが違うという、
頭皮交換ならぬ、フェイス交換された子でした。

難ありストキューとして出ていた子で、
オリジナルストキューさんが甘い小悪魔みたいな表情をしているのに比べると、
なんともいえずに愁いを帯びた表情と、独特な雰囲気。
ストキューさんが欲しくてネットをチェックしていた私の目に留まったのですが、
このアンニュイな雰囲気に一目で魅かれてしまいました。

フェイスパーツは透明肌の子だとのことで、リップの感じから、
ペニープレシャスかマーゴユニークガールかな?と思い、
セラーさんには質問もし、追加写真も送ってもらい、お迎え。
その後も気になったので、問い合わせたところ、
マーゴフェイスをストキューにくっつけた子だということが判明しました。
(ロシアの方でしたが、マーゴをばらすとは大胆な人だなあ・・・(・∀・;)

ほっぺのチークは肉眼でやっと見える程度にしか残っていなかったので、
耐水サンドペーパーでほっぺ表面をつるつるじゃなくしてから
ドール用パステルでチークをのせました。

ほっぺのマット感とそれ以外の部分のツヤテカ感の差が目立ったので、
顔全体をメラミンスポンジで気長にこすって少ーしだけマットにし、
ついでに眠り目カスタム。

削りを入れているわけでもないし、メイクもチーク以外はそのままなのですが、
オリジナルではないことには変わりないので、うちでは唯一のカスタムさんです。

オリジナルの子は、
「これを変えてしまったら二度と元には戻せない・・・」と思うと、
手を加えることを躊躇ってしまいますが、既に手が入っていた子だと、
わりと気軽にいじれます(・∀・)

オリジナルのストキューさんも欲しいことには変わりないので、
いずれお迎えして(←というか、すでにお迎えした)、
この子とは二卵性双生児みたいな感じで並べたいなと思っています。

さて、ジュリア姫のおはなし、次回がエピローグです。
(縫い子談)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
ッまさに姫!
びっくりしてミスタッチしちゃったよっと!

最初、のび太くんかあと思った姫ですが・・・すんごい経歴だったあ

ロシアから来たんですね。

寝てるのもかわいいなあ・・

続き待ってますよ!
モノ◆ミユdot 2017.04.29 12:00 | 編集
モノ◆ミユさん

のび太くんな姫・・・・(≧∇≦)爆笑!
もしや、姫の特技はあやとり?!

でも、開拓時代の西部に生まれていたら、
名ガンマンになっちゃってたかもー?!
ううっっ、そんな妄想していたら1/6アクションフィギュアの
ピストルとか欲しくなってしまうなあ。
お洋服はアーバンカウガールのデフォOFでばっちりだし?!(*≧ω≦)

と、それはさておき、フェイスがやはりマーゴのだったと判明したときは
ビックリでしたが、目尻側が長いスペシャルまつげは眠り目にすると、
ぜんぜんニッコリしていないぶちゅリップとすごく合うというか・・・

独特の雰囲気で、オリジナルストキュー(←実はもう居る)と並べると、
ニッコリオリジナルとアンニュイカスタムのふたり、
出身地もそれぞれロシアとフランス(←オリジナルの子はフランスの
コレクターさんから譲っていただきました)と違うし、赤ちゃんのときに
生き別れになって、ひとりは王族に、ひとりは庶民に・・・みたいな数奇な
運命まで瞬時に妄想してしまいましたです。(*´д`*)
縫い子dot 2017.04.29 15:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top