--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.17

エルボリステリア - L'ERBOLARIO -

IMG_8280.jpg



エルボリステリアっていうのは、ハーブの専門店。
イタリアのどの街にも、薬局と同じくらいたくさんのエルボリステリアがあって、
ナチュラルな原料を使ったボディケア・スキンケア用品・ハーブティを扱っているの。



IMG_8281.jpg



ここは、L'ERBOLARIOという、
イタリアでも定評のあるハーブ製品メーカーの直営店。

どの製品も、パッケージが可愛い♪



IMG_8282.jpg



カウンターに新製品のボディケア・ラインがあったよ。
“Regine dei prati - 草原の女王”シリーズですって。

わたしの後ろには、
ブレンド・ハーブティのための各種ハーブの保存容器がずらっと並んでいるでしょう?
個人個人の症状に合わせたハーブティを処方してくれるの。
日本には、漢方薬局っていうのがあるんですってね。
エルボリステリアは、さしずめイタリア版漢方薬局というところかな?



IMG_8283.jpg



うふふ。
わたしのお花畑(こちらを参照→)も、お花がたくさん咲いたら、
このパッケージの絵みたいに蝶々が来てくれるかな?



---------------------------------------



イタリアに限らず、ヨーロッパは全般的にそうだと思うのですが、
ハーブの伝統文化が今も生きていますね。
ハーブの薬効や香りを活かした
香水・化粧品・ボディケア・スキンケア用品を扱うメーカーがいくつもあります。
(日本に輸入されていて有名なのは、フランスのL'OCCITANEかな?)

イタリアで、製品の質の高さで愛されている人気メーカーは、
なんといってもこのL'ERBOLARIOでしょうか。
どのイタリア人も、口を揃えて『あそこの商品はいい!』と。

良質な製品の割には、値段がお手頃で、パッケージも美しいので、
贈答品としても、よく使われています。

日本には正式に輸入はされていなかったと思いますが、
イタリア旅行の際の、ちょっと珍しいお土産としてお勧めです♪
(私も、日ごろの化粧水やヘアオイルなど、こちらの製品を愛用 (^^)
←香りとパッケージがとっても好みなのです♪

ミラノ市内にも直営店は何軒かありますが、今回お邪魔したこちらのお店は、

Erboristeria - L'ERBOLARIO -
Via Statuto, 11 Milano (MM2 Moscova)
tel 02/29014599



---------------------------------------
(↓↓以下、縫い子の近況報告、ちょっと長くなるのでたたみます↓↓)


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村




ご心配をおかけしてしまったこの一か月は、怒涛のように過ぎ去りました。

残念なことに、介護に心を砕いていた身内・・・とは夫の母なのですが・・・
は先日、闘病の末に、天国へと旅立ちました。

いい歳をして嬉々としてお人形と戯れる、
お花畑なアタマに蝶々がひらひら~なヨメのことも、
にこにこと微笑みで迎えてくれる、とても優しい義母でした。
入院初期も、ブライスを見せるとにっこりと微笑むので、
少しでも義母の微笑みが見たくて、毎日、ジェルソミーナさん(ベリーヴィッキー)を
お着替えさせて、病室へと通っていました。

最後まで病と戦い抜いた、芯の強い義母の生き方は、
残された私たち家族に、たくさんのことを教え残してくれたように思います。

音楽が大好きだった義母のため、
教会では、特別に讃美歌・アベマリアなど、
ソプラノ独唱を数多く組み入れたお葬式を行っていただきました。

多忙と睡眠不足を極めたこの一カ月でも、
ブライスを触るほんのわずかな時間にどれだけ癒されたか。
これからは、けなげに頑張ってくれたブライスをもっと可愛がることができます(*^ ^*)

なかなかコメントにお返事できなかったりしましたが、
訪れてくださった方、拍手やコメントを下さった方、
みなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからは、ジェルソミーナさん(ベリーヴィッキー)だけではなく、
仲間も増える(予定・・・は近々、決定!!*)の
Gelsomina in giro

今後も、どうぞよろしくお願いしま~す(*^ ^*)

*縫い子注:
夫が看護のお礼に、と憧れのあの子のお迎え資金をもってくれることに!(≧∇≦)
そして、私は私で、自分へのご褒美に、
以前から心に決めていたあの子をお迎えしちゃうことに決めましたーーー!!
我が家のブライスさんは、近々3人に~~~~~っっ(≧∇≦)(≧∇≦)
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://gelsominafloris.blog.fc2.com/tb.php/52-822091c7
トラックバック
コメント
コンバンハー!

ジェルソミーナさんと一緒に、イタリアの街でショッピングを楽しんでいるような気持ちになりましたよー。
コスメ好きとしては、かなりの胸きゅんアイテムですな!
ハーブティーの容器がこれまたオシャレだなー!


ワタクシ、言葉が上手ではないのでなんと申し上げたらよいのか。
優しくて素敵な方だったのだと縫い子さんの言葉から伝わってきました。
大好きでいらした音楽とともに天国へ行くのは本当に素敵なことです!

・・・優しいご主人さまですね^^
ジェルソミーナさんと新しいお友達の活躍(!!)楽しみに待っておりますッ!
まーdot 2014.06.18 10:06 | 編集
縫い子さん、この度は残念なことでしたね。
残されたご家族が明るく楽しく毎日を過ごされることをきっとお義母様も望んでいらっしゃると思います。
闘病は大変だったと思いますから苦しみから解放されて「縫い子さん、ありがとう」って優しい笑顔で虹の階段を登って行かれたのだと思います。
これからは心の中で永遠に生き続けられますね。
心からご冥福をお祈りいたします。

ジェルソミーナちゃんにお仲間が!
わおわお~いったいどんなお友達かな?!
またまた世界が広がると思います。
楽しみだ~~~^^
クッキーdot 2014.06.18 12:28 | 編集
まーさん、またまたコンバンハー!

コスメ好き、成分表好きにはたまりませんですよね~!
このL'ERBOLARIOの直営店は、ひとつ買い物をすると、他の商品のサンプルをわんさかくれちゃう太っ腹なところもまたお気に入りです。
L'OCCITANEは、いまや日本に(といっても私が知っているのは東京近辺だけですが)いやというほどショップがあるのに、こちらL'ERBOLARIOは未輸入とは残念な限り~。

義母の逝去に、お優しい言葉をありがとうございます。
縫い子dot 2014.06.18 23:53 | 編集
クッキーさん、お優しいお悔やみの言葉をありがとうございます。
本当におっしゃる通り、残された義父・夫・私(+猫?)がこれまでどおりに人生を歩むことを、亡くなった義母はなにより心配しつつ、願っていたと思います。
イタリアの病院の残念っぷりに、「もし義母が入院していたのが日本だったら、これほど苦しまずにはすんだのでは・・・(涙)」と何度も思いましたが、お葬式では、もう苦しまずに済む義母がきれいな教会で歌を聴きながら笑顔で天国に昇っていった気がして、私の心も寂しいけれど穏やかに落ち着いたように思いました。

はい、ジェルソミーナちゃんにお友達が増えます!!
1人は、幼馴染という設定の、健康美人のあの子!
もう1人は・・・ロシアからやって来るという設定の謎の美少女!!
(といっても、これからポチして香港?から届くのは、約一か月後とかでしょうが・・・苦笑)
楽しみでっす!!(≧∇≦)
縫い子dot 2014.06.19 00:02 | 編集
こんにちは。
まずは旦那様のお母様、本当に残念でしたが・・・最後に愛する
息子さんや優しいお嫁さん、そして可愛いジェルソミーナちゃんに
大事にされて幸せだったと思います。
お母様はこれからもずっとご家族を見守ってくださることでしょう。

ハーブのお店はとても素敵ですね。
実はワタシが住んでいた中部の田舎町にはこんな立派なお店は
ありませんで・・・(;;)子供の日本人学校の送迎で毎週クルマで
通っていたローマ(往復300km(;;))でうっとり見ておりました。
パッケージ、センスありますよね。^^
conigliadot 2014.06.19 05:24 | 編集
conigliaさん、こんにちは。
お優しいお言葉とお気持ちをありがとうございます。

このL'ERBOLARIO、数年前までこんなにたくさん直営店はなかったのですが、最近随分とミラノ各所に直営店を見るようになりました。
このお店はとりわけ広くて、中もカウチが置いてあったりして立派。
偶然、友達と待ち合わせして立ち寄ったのですが、あまりのお洒落さに“これは突撃ブログ取材をするしかない!”と、他にお客さんがいなかったのをいいことに、思い切ってブライスをカバンから出しつつ(←いつも持ち歩いてるのか?!爆)店番の女の子にお願いしてみたら、快く承諾してくれました~。(≧∇≦)

でも、このメーカーの商品自体は、街のフツーのハーブ屋さんなら大概どこでも取り扱ってますよね(^ ^;)
縫い子dot 2014.06.20 01:32 | 編集
縫い子さん、ジェルソミーナちゃんお二人とも
本当にお疲れ様でした。
イタリアのママ(女性)って本当に懐が深くて優しいですよね。
きっとお義母様も天国で凄く感謝してくださっていると思いますよ。

新しい子のお迎え資金出して頂けることになって良かったですね。
一体どんな子が来るのでしょうか?
楽しみにしております。
ガクdot 2014.06.21 11:50 | 編集
ガクさん、お優しいコメントをありがとうございます。
(お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい)

本当におっしゃるとおり、イタリアは“マンマの国”と呼ばれるだけあって、女性は溢れんばかりの母性愛に満ちた人が多いです。
義母もそんな一人でした。(イタリア人にしては珍しく:笑)決してしゃしゃり出ることなく、家族のことをいつも微笑みで支える・・・というような。
今でも義父母の家には、彼女の微笑みの気が満ちているように感じて、家の中に入るととても落ち着きます(*^ ^*)

新しい子、2人をお迎え予定だったのですが、ここにきて、つい最近もガクさんがブログに載せられたあの子、妖精のようなあの子の魅力に抗えず、お迎え予定子ちゃん達は3人に(≧∇≦)。
現在、ヤフオク・ebayを探し回る毎日です。
楽しみです~~~♡♡
縫い子dot 2014.06.23 16:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。