2014
07.29

月に寄せる歌

IMG_8985a.jpg



深い夜空のお月さま
白銀のお月さま
わたしのいとしい人はどこ?

伝えて、銀のお月さま
伝えて、あの人に
わたしがどれほど待っているかと。

ああ、消えないで
消えないで、お月さま。
(歌劇『ルサルカ』よりルサルカのアリア “月に寄せる歌” 抄訳:縫い子)


Piccola luna, così alta nel cielo,
Piccola luna d'argento,
dov'è il mio amore...?

Digli piccola luna d'argento,
digli quanto l'aspetto.

Ah, piccola luna, no, non nasconderti,
non nasconderti...
("Canto alla Luna" - A. Dvorak "Rusalka")




(歌劇『ルサルカ』よりルサルカのアリア “月に寄せる歌”)
本日の写真は、ぜひこちらをBGMにご鑑賞ください☆


--------------------------------



我が家のバルコニーのジャスミンの茂みに、妖精が降り立ったようです。
彼女の名前は、ルサルカ。



--------------------------------


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://gelsominafloris.blog.fc2.com/tb.php/81-dca86ca1
トラックバック
コメント
キャー!
ルサルカさんの登場ッ

すごく、ルサルカさんです(もう何を言ってるんだか…)

マンディさんて、デフォルトのお洋服がファッションモンスター的でファンキーでキュートな子と思いきや!

中のお嬢さんは、かなりの美人さん!
水色の髪が涼しげで、ほんとに妖精さん
「月に寄せる歌」がバッチリ!
このお歌は本当に美しい。
曲調もですが、月に寄せる…というところが
日本人好みする(日本人って月が好きですよね!)ンですよねー
この曲聴くと、うるうるしてしまいます。

うちのマンディさんは…一応人魚姫設定ですが
アレですよ。多分、王子とかだんだんどうでも良くなってる感じで暮らしていると思います。ハイ。

ルサルカさんとジェルソミーナ&カロリーナチームとの絡みも楽しみです!!
まーdot 2014.07.29 23:43 | 編集
縫い子さん、こんばんは~。

ルサルカさま、はぁ~~~~なんだかすごい世界観!
妖精さんなのですね~~~ほおおおおお。

月に恋してるのですね?!あ、ちゃうな~恋してる人のことを月を見ながら考えているんだ~~恋する乙女ですな!
綺麗なお写真です、このまま額に入れて飾れそう!

これからどんな物語を紡いでいかれるのか楽しみです^^
クッキーdot 2014.07.30 12:02 | 編集
わーーーい、ルサルカさん!!でしょでしょ??(≧∇≦)

マンディさん、ホントに妖精さんですよねーっ。
デフォOFのモンスターちゃんも可愛いのですけど、
ニンフというか、妖精というか、白っぽい布を巻き巻きしただけのスタイルが超似合う。
可愛くてたまりません♡

今後、ジェルソミーナ&カロリーナとどう絡ませるか・・・は、実はな~んにも考えておりませんが(笑)、また彼女たちの顔を見ているうちに思いつくがままに綴っていきたいと思いまーす。

もこもこ村の人魚の万姫&従者のピンクカエルさんにもよろしく~。
縫い子dot 2014.07.30 13:40 | 編集
クッキーさん、こんばんは~。

はい~、ルサルカさん、妖精だったのです!
デフォOFでないマンディさんを見たとき、この子は絶対妖精!!とひらめいて以来、こーいうショットを撮ってみたかったのです。
写真、褒めていただいてありがとうございます~。昼の光で撮った写真をアプリを駆使して加工いたしました!

月に恋しているっていう設定もいいですね!!
ていうか、誰か恋している人がいるという設定だと、今後その人物も登場させないといけなくなるかもしれないから、月に恋していることにしちゃおうかな(笑)。

水色の髪の恋する乙女、ルサルカさんをどうぞよろしくお願いしま~す。
縫い子dot 2014.07.30 13:45 | 編集
ルサルカ、月に寄する歌、マンディコットンキャンディ
どこかのブライスblogでマンディ発売の頃、早々に見たなぁ。
そっくりそのまま偶然?
アイデア真似たんですか?
なんか胡散臭いわ
通りすがりのドール好きdot 2014.08.01 13:36 | 編集
通りすがりのドール好きさん、はじめまして。

コメントでご指摘いただき、とても驚きました。
すぐに、ルサルカ、月に寄せる歌、マンディコットンキャンディの3つのキーワードで検索してみたところ、確かにこの同単語が見事にヒットするブログが存在しますね。。。おっしゃるとおりマンディ発売の頃に投稿された記事で。
私が今回、購入したマンディコットンキャンディに水の妖精のようなイメージを抱き、オペラ界における水の妖精といえばルサルカ、ルサルカといえば有名なアリア『月に寄せる歌』と、それが歌われるシーンをブライスで再現することを思いついてしまったのは、オペラが大好きであり、オペラがすごく身近なものである人間としてとても自然な発想でした。
ですから、“真似たのかどうか”と訊かれれば、まったくの偶然であり、私自身も驚いているとしか申し上げられないのです。
また、前述のブログ記事が投稿された頃は、私自身、最初のブライスを購入したばかりで右も左も分からないままに、ブログ村のブライスブログを中心にブログ巡りを始めていた頃で、前述のブログのことはまったく存じ上げませんでした。
しかし、もちろん、前述のブログの方が私のこの記事を見たら、真似をされたのでは・・・と気を悪くされるかもしれないということは想像ができます。
よって、まったくの偶然であるにしても、とても心苦しく思います。

今回の件を反省材料に、これからはもし事前に調べられるような事柄であれば、同じような趣向をもつ他の方が思いつきそうな内容はあらかじめリサーチしてから書くようにしようと思いました・・・が、世の中に無数に存在するブログをリサーチするのは、実際には現実的ではないかもしれません。
難しい問題だと思いますが、今回はこういった事案をあらためて考えさせていただいた、という点で、ご指摘いただいたことには感謝しております。
ありがとうございました。
縫い子dot 2014.08.01 22:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top